ワイドショーでは莫大な遺産を巡る「争続問題」が取り沙汰されることが多いが、その裏には、思わず膝を打つほど見事な終い方を遂げた往年の大スターたちもいる。たとえば樹木希林さんは、夫が亡くなった時の二次相続のリスク回避まで想定し、生前に専門家もうなる高度な相続テクニックを使っていた。その一方で、「うちは正反対」と語る遺族もいる。

 放送作家や作詞家、ラジオパーソナリティーなど、マルチに活躍し、2016年7月に亡くなった永六輔さん(享年83)は、生前、財産やお金について一切語らなかったという。永さんの次女・麻理さんは苦笑する。

「父は“お金の話をするのははしたない”という考えで、永家ではお金の話題はある種タブーでした。自分がいくら財産を持っているのか、最期まで知ろうともせず亡くなりました」

 代わりに永家の財産を管理したのは妻の昌子さんだった。しっかり者の昌子さんは税理士とタッグを組み、会社組織を作ったり、不動産を購入するなど節税対策を進めた。年間110万円までは非課税となる「暦年課税制度」を利用して、4人の孫が誕生した時から生前贈与も行った。

 しかし、2001年6月、一家を悲劇が襲う。昌子さんが末期の胃がんと診断され、翌年1月に68才の若さで息を引き取った。最愛の妻の闘病中、永さんは心労で15kgもやせたという。だが、深い悲しみが癒える間もなく、永家のお金の管理は2人の娘たちが引き継ぐことになる。

「税理士さんに相談しながら、姉と私と夫たちみんなで探り探り、母からの引き継ぎを行いました。父は見事なくらいノータッチで、すべて子供たちにお任せです。

 お寺の息子だった父は、人の生死や老いについては一家言あり『大往生』という本も書きましたが、事務的な死の備えにはまったく無関心。おかげで、母からの引き継ぎが完了した時点で父の財産関係はすべて把握できていました。今考えると、父が一切を私たちに任せたことで、結果的には生前整理になったのかもしれません」(麻理さん)

 昌子さんの死から8年後、永さんはパーキンソン病や前立腺がんを患う。転倒して大腿骨頸部を骨折したことから、車いすの生活となった。2016年の七夕に永さんは肺炎で永眠したが、お金に関しては死後も大きな混乱はなかった。

「よく親のカードの暗証番号や印鑑の場所を把握することが大変だといわれますが、父はATMや銀行の窓口に行ったことすらなかった(笑い)。遺言もありませんでしたが、“父なら公平性を第一にしただろうな”と考えて、相続はできる限り公平に。ただ、蔵書やノートなど膨大な遺品に埋もれた実家は、引き継いだ姉が今もコツコツ片づけています」(麻理さん)

 遺言について、永さんは生前ラジオで、〈ぼくは毎年元旦に遺言書を書き直しているんだ〉と語ったことがあった。しかし、ある時から、「自分が死んだ後のことをああしろ、こうしろと書くのは、遺った人の負担になるだけ」と考えを改め、遺言を書くのはやめたという。

 そんな永さんが唯一、娘に伝えていたのは、なんとも永さんらしい望みだった。

 妻のお骨をずっと自宅に置いていたので、〈ぼくが骨壺になったら、昌子さんの骨壺との間に本を並べて、ブックエンドにしてね〉

 娘たちは父の「遺言」に従い、両親の骨壺の間に著書を並べてから、納骨を済ませた。

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号