「レジ袋不要なら2円引き」と「レジ袋代2円」、効果に違いが出るワケ

「レジ袋不要なら2円引き」と「レジ袋代2円」、効果に違いが出るワケ

 地球環境に優しいエコな生活をしようと「レジ袋有料化」の流れが各地で進んでいる。いまやスーパーにエコバッグを持参する人が増え、当たり前の光景となりつつある。しかし、その普及に際し“不思議なこと”が起こっているという。

 金融に関する著作も多い作家の橘玲氏はいう。

「近くのスーパーでは、会計の時に『レジ袋は不要です』というと、代金から2円引きにしてくれました。エコバッグ普及のキャンペーンでしたが、見ていると、大半の人は当然のようにレジ袋をもらっていました。わずか2円を節約するために特別なことをしようなどとは思わないのです。

 ところがそれから少し経って、同じスーパーに行ってみると、レジに並んでいるほぼ全員がエコバッグを持っていて驚きました。2円引きのキャンペーンがようやく功を奏したのかというと、そうではありません。スーパーのレジ袋の代金は2円のままでしたが、買い物代金から2円引くのではなく、レジ袋が必要な人は2円で袋を買うようにしたのです。レジで袋をもらえなくて戸惑っている人に『1枚2円になりますけどよろしいですか』と聞くと、ほとんどの人が『それならいいです』と答え、品物を自分のバッグに詰め込んでいました」(橘氏・以下同)

 だがよく考えると、この行動は経済合理性からは説明できない。橘氏が続ける。

「当たり前の話ですが、レジ袋代を2円引いてもらうのも、2円を追加で払うのは同じことです。ところが同じ2円なのに、『2円得する』ことにはなんの関心もなく、『2円損する』と気づいた途端、行動が変わってしまいます。

 このような不思議なことが起こるのは、人が『得』よりも『損』に敏感に反応するように進化の過程で『設計』されているからです。レジ袋代を引いてもらって得することはどうでもよくても、目の前でレジ袋代を払うという損失は回避したいという、いわば“認知のゆがみ”です」

 同様の“認知のゆがみ”は、社会の至る所に見受けられる。税金の源泉徴収などはその典型だろう。サラリーマンは自営業者などと比べて課税所得の捕捉率が高く、所得に対する納税額も往々にして高い。しかし、あらかじめ給料から天引きされているから税金を払っているという意識が薄く、ハナから抵抗をあきらめている。その一方で消費税が増税されると大騒ぎするが、これも損が“見える化”されるからではないだろうか。

「こうした“認知のゆがみ”にいち早く気づくことができれば、経済合理的に正しい行動ができるかもしれませんが、人間の本性を意識で修正するのはきわめて困難です。将来のことをうまく考えることができなくて貯金しなかったり(あるいは国民年金の保険料を支払わなかったり)、クレジットカードのリボ払いで高い金利で借金するのも同じでしょう。

 それでも、スーパーのレジ袋の実験は、ちょっとした工夫で人々の行動を変えられることを示しています。政府は2020年4月にすべての小売店でレジ袋を有料化することを目指していますが、行動経済学でいう『ナッジ(肘でそっと押す)』を積み重ねることで、この社会を少しずつ暮らしやすくできるかもしれません」

◆橘玲(たちばな・あきら):1959年生まれ。作家。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎文庫)、『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)などベストセラー多数。新刊『上級国民/下級国民』(小学館新書)が話題。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る