利用が減っても料金を払い続ける「サブスクの沼」にハマった人たち

利用が減っても料金を払い続ける「サブスクの沼」にハマった人たち

 定額で“〜し放題”のサブスクリプション(サブスク)サービスが花盛りだが、加入したものの、結局あまり使っていないサービスもあるのではないだろうか。無駄だと気づきながらも、ダラダラと料金を支払い続けている月額サービス……、そんな「サブスクの沼」にはまったユーザーたちの声を集めた。

 20代の女性・Aさんは、語学学習系サービスに月1000円支払っている。

「今後のキャリアを考えると、英語は欠かせない自己投資。仕事で思い悩んだ時に、つい学習サービスに加入してしまいがちで、今までにもオンライン英会話やTOEIC学習アプリなど、たくさん試してきました。ただ、いざ始めてはみるものの、1か月ぐらいでモチベーションが続かなくなる。とはいえ、業務上必要なことには変わりがないので、『明日には勉強する気が起きるかも』と、つい課金し続けてしまっています」

 自宅近くにあるフィットネスジムに、毎月8000円支払っているのは、30代の男性・Bさん。

「形から入れば行く気になるかと思い、ウェアも購入。頑張って通うつもりだったのに、実態は週に1回行けたらいいぐらい。月に5回行ったら元がとれる、などと計算するばかりなうえ、会社帰りに行っても疲れているので、シャワーを浴びて帰ってくる感じ。高い入浴代です。でも解約すると、ますます運動から離れてしまいそうで、なんだかんだ会員のままです」

 同じく30代の男性会社員・Cさんは、3種類の音楽サービスに課金している。

「大手の音楽配信サービス2つと、アニメソング専門の音楽サービスに、毎月3000円近く費やしています。配信されている楽曲がサービスごとに異なるため、こういう状態。優先順位をつけて、1つに絞るべきなのでしょうが、『月に数千円ぐらいであれば問題ない』と考えてしまい、ダラダラと契約し続けています」

 では、どのようなサービスであれば「無駄」と感じずに済むのだろうか。レシピサイトと動画サービスを利用する20代の女性・Dさんは、自らの判断基準をこう語る。

「レシピサイトは、月額費を支払う価値があるほど使っています。また、今加入している動画サービスは、ドラマや映画を見ることが目的ですが、そもそもドラマ・映画鑑賞が趣味なので、たとえあまり観ない月があっても、無駄と思ったことはありません。ただ、解約した動画サービスもあって、そちらは半年観なかったので、やめました。金額というよりも、本当に観たいものがあるかどうかですよね」

 当たり前だが、加入したら利用しないともったいないだけ。お金を払うだけでは英語も身につかないし、体だって変わらない。定額制サービスに加入する際は、自身が本当に必要で、かつ利用する出費であるかを見極めることが、何よりも大事なようだ。


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る