過酷な「ブラックPTA」の実態 親だけでなく祖父母まで標的に

過酷な「ブラックPTA」の実態 親だけでなく祖父母まで標的に

 1990年代後半、「学級崩壊」が大きな社会問題として取り上げられたが、それから20年余り経った今、子供ではなく教師や保護者が原因の「学校崩壊」が起きている。

 神戸市の小学校で起きた「教員間いじめ」が大きな話題となっているが、職員室同様、外からは実態が見えない「ブラックボックス」がPTAだ。入会や役員選定などを巡り、トラブルが頻発する組織の実態とは──。

 毎年、この季節になると翌年4月からのPTA次期役員候補へのアプローチが始まる。PTA経験者が語る。

「この時期に暗躍するのは“PTAハンター”と呼ばれる選考委員です。役員やママ友の情報網を駆使し、学校行事に頻繁に顔を出す父親などに狙いを定めて電話攻勢をします。埒が明かなければ、“標的”が首を縦に振るまで何度も自宅を訪問するため、『目をつけられたら最後』と恐れられています」

 PTAとは〈Parent-Teacher Association〉の略で、児童生徒のために保護者と教職員で組織する任意加入団体を指す。終戦後にGHQの指導により全国の学校に設置された。

 長らく「全員入会」が当たり前とされたが、近年はなり手不足が目立つ。そのため、入学式直後に保護者を体育館に“軟禁”し、誰かが引き受けるまで帰さないPTAもある。深刻なのはトップである会長職の人材難だ。

「昔は地域の有力者が競って手を挙げた名誉職ですが、いまはなり手がいません。最近は、同居する祖父母を保護者とみなし、PTA会長に推薦する動きもみられます」(前出・PTA経験者)

 2017年放送のドラマ『PTAグランパ!』(NHK BSプレミアム)では松平健(65)演じる「おじいちゃんPTA副会長」の奮闘が描かれたが、現実世界でも同様の事態が生じつつある。

 しかし「可愛い孫のために一肌脱ぐか」と安易な気持ちで会長を引き受けると痛い目を見るかもしれない。都内の小学校の現役PTA会長で弁護士の岡田卓巳氏が指摘する。

「昔のPTAは会長交際費が潤沢にあり、校長や保護者と一献傾けてタダで飲み食いできるイメージがありましたが、いまはそうした予算はほぼ全滅して実務的な仕事ばかりになりました。祖父母が昔のイメージのまま会長になったら、『え、そんなにお金使えないの』と驚くはずです」

 2年前に小学校のPTA会長を引き受けた都内在住の男性(55)が振り返る。

「どうせ閑職だとタカをくくっていたら週1でミーティングがあり、地域の会合や区内の会長会にも呼び出され本当に忙しかった。

 しかも校長から、『〇〇さんの子供がいじめの加害者みたいなので様子を探ってくれ』といった“密命”を受けるケースもあり、神経をすり減らしました。研修会名目の飲み会にも自腹で出る必要があるし、金銭的にも持ち出しが多かった」

『PTA不要論』の著者でノンフィクションライターの黒川祥子氏は、「人間関係でストレスを抱えるPTA会長も多いようだ」と指摘する。

「旧態依然の組織を改革しようとしたら前例踏襲派の逆襲に遭い、教育委員会に『あの会長はしょっちゅう飲み会をして、朝まで連れ回されて困る』と根も葉もない中傷を流された会長がいました。本部役員の女性たちから完全無視されて、うつを患った方もいます」

 会長以外の役員も、多くの犠牲を強いられる割には細々とした仕事が多い。もちろん、PTAに意義を感じて率先して参加する保護者もいる。最近はPTAの活動内容そのものが見直され、地域のニーズに沿った活動も多くみられる。

 だが、共働きが当たり前になり親世代のライフスタイルが大きく変わる中、旧態依然の理不尽な負担を強いる「ブラックPTA」に疑問を抱く人は少なくないようだ。

※週刊ポスト2019年11月1日号


関連記事

おすすめ情報

マネーポストWEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る