いまやコミュニケーションツールとして欠かせない存在となったスマホアプリ・LINE。6月29日発表のNTTドコモ モバイル社会研究所によれば、15〜79歳の利用率は72.6%。40代以下では平均8割超え。50代でも約7割が利用しているほどだ。

 LINEの機能はテキストやスタンプを使ったメッセージのやりとりだけではない。ユーザー同士で無料通話できることも大きな魅力のひとつだが、そんなLINEの通話機能が苦手だという人たちもいるようだ。どういうことなのか、ユーザーたちの話を聞いた。

「逃げられない状態での通話」が怖い

 30代の女性・Aさん(自営業)は、もともと電話がそこまで好きではないタイプだった。だからこそ、LINEのテキストメッセージやスタンプでのやりとりは楽だった。だが、それがアダになったと話す。

「先日仕事上で知り合った、50代後半の男性。夜、LINEでやりとりをしていたら、いきなりLINEでの無料通話がかかってきたんですよ。LINEですぐ返事をしたから、どうやら『いまならスマホの前にいる』と思ったようなんです。そうやって逃げられない状態のときにかかってくるのって、ちょっと怖い。正直引きました」(Aさん)

 Aさんはスマホの電話機能とLINE通話の仕様の違いを指摘しながら、大して親しくもない人とLINEで通話することが苦手だと明かす。

「向こうは、それまでLINEでやりとりしているわけだから通話もできる状態だろうと考えているのかもしれませんが、こちらが電車の中とか外にいて出られないシチュエーションかもしれないとは考えないのでしょうか。くわえて、家族やよっぽど親しい人ならまだしも、そうではない人とは、LINEのテキストメッセージだからこそ、自分のペースでダラダラとやりとりできるのに……」(Aさん)

呼び出し音が鳴り続ける

 20代の女性会社員・Bさん(美容関連)も、突然LINE通話がかかってくるのが苦手だと言う。

「電話番号を教えるのは抵抗があるけど、LINEならまあいいかな……っていう流れって、けっこうあると思うんです。でも、結局通話がかかってきてしまえば同じですよね(笑)。無料だから利用するんでしょうけど、『LINE(テキストメッセージ)じゃだめなのか』って思います。事前に『今から通話するよ』みたいなメッセージをくれるならまだいいんですけど。だって、通話料はかからないかもしれないけど、データ通信量は消費するわけじゃないですか。Wi-Fi環境下にいないときに、いきなりかけてこないで欲しいです」(Bさん)

 LINE通話とスマホの電話の違いと言えば、留守電機能の有無もその一つだ。Bさんが続ける。

「LINE通話って、留守電機能がないから、かなりの時間鳴り続ける。10回コールくらいで出なかったら察してほしい。私が常にマナーモードにしているわけではないのも悪いのでしょうが、呼び出しが鳴り続ける時間が怖い。スマホの電話なら出なければ留守電に切り替わるので、いきなりかかってきてもスルーできるけど、LINE通話ってずっと呼び出し音が鳴り続けるので、無理してでも出なきゃいけないような気がする。

 留守電といえば、一度、LINEのIDを交換した男性から通話がかかってきて、出なかった時のこと。ボイスメッセージで、留守電みたいに、『〇〇ちゃん、電話しちゃったー』と送られてきてゾワッとしました。ほんと、できればLINEでは話したくないです」(Bさん)

LINE通話のほうが気軽に感じる?

 30代の男性会社員・Cさん(IT企業)は、LINEのやりとりの気軽さが通話機能でも感じられるのではないか、と分析する。

「LINEのメッセージのやりとりの場合、自分の都合に合わせて読んだり返信したりできるからこそ、通話になったときに、逆にペースが乱される感じがするんだと思います。通常の電話だったらそんなに気にならないんですけどね(笑い)。ただ、せっかくLINEを使っているんだから、通話するときは、事前に予告してほしいというのも本音。上司からも突然LINE通話がかかってくることがありますが、ちょっと勘弁してほしいです……」(Cさん)

 通話するという意味では普通の電話と変わらないはずだが、突然のLINE通話は苦手という人も少なからずいるようだ。