コロナ禍での働き方の変化から、在宅でのリモートワークを認める企業も増えており、「東京に住み続ける必要はあるのか?」という意見が真剣に議論される風潮も見受けられるようになった。有名企業の中には本社の地方移転を決めたところも出ており、地方に住んでいても仕事の選択肢は今まで以上に豊富にある。そうした中、いち早く“脱東京”を決断し、11月から佐賀県唐津市に移住をするネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、いま、地方移住する意義について述べる。

 * * *
 私は元々地方に移住する気はありませんでした。そもそもの想定は、ネットニュース編集者として、2020年8月に開催予定だった東京五輪を報じたうえで、アメリカに移住し、手始めに米大統領選挙をリポートしようというものでした。しかし、コロナにより、アメリカに行くことはできなくなったため、諦めた。そんな状況下で、ライターのヨッピー氏から「アメリカに行けないのならば、佐賀に住めば?」というオファーをいただき、佐賀県唐津市に移住することになったのです。

 この決断について正しかったかどうかは、時間をかけなくては分からないでしょう。しかし、この段階で「脱東京」は案外正解だったのかな、という気もするんですよね。

 なにしろ、東京の満員電車というものは「異常」のひとことです。まさに、人を詰めまくっておしくらまんじゅう状態にして運ぶようなもの。痴漢被害や痴漢冤罪なども頻繁に発生する、極めて異常な空間が東京を含めた首都圏の満員電車の現実です。

 こうした状況を「異常だ」と言うのは簡単ですが、これに声をあげると「お前は理想主義者だ」やら「お前はサラリーマンの現実を分かっていない」などの反論を受ける。

 しかし、「満員電車は異常だ」という声こそ正常だと思うことが、今の日本人には必要なのではないでしょうか。だから私は東京を離れます。もう一生涯満員電車なんて乗りたくない。こんな異常空間に一瞬たりともいたくない。

 そうした人生を過ごすにはどうすべきか、と考えたらもう地方に行くしかないんですよね。ただ、一体どこに行けばいいか? という問題にブチあたります。それは、「時の縁」でいいのではないでしょうか。

 私の場合、ヨッピー氏が「アメリカに行けないんだったら、佐賀に行けばいいんじゃないですか?」と誘ってくれたので佐賀に行くことにしました。元々佐賀にはなんの縁もありません。一応、生まれはお隣の福岡県北九州市八幡東区なのですが、佐賀には行ったことさえない。でも、ヨッピー氏が誘ってくれた。だったら行くぜ、ということです。

 もしも、同じタイミングで愛媛とか青森から同様の誘いがあったらそこに決めていたかもしれません。とはいっても、今回の決断について多くの人から言われるのは「あなたは子供がいないから自由に動けるのですよ」ということです。

 まぁ、それは事実ですが、あなたは子供を育てる人生を決断したのでしょ? それはそれで素晴らしいことを手に入れたのだから、いちいち私が子供がいないからといってdisる必要はないのでは? とも思います。

 今回、唐津に移住することをツイッターとフェイスブックで公言したところ、次々と「唐津を選んでくれてありがとう!」や「ぜひ会いましょう!」というコメントをいただきました。これらの方々は唐津を離れた方もいますし、近くの福岡や宮崎の方もいます。一人の人間が人生を変えて引っ越しをすると「何か」が発生するんですね。これから唐津への移住で何が発生するか、どんな出会いがあるか、そこらへんが楽しみで仕方がありません。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。