売れっ子であればあるほど忙しいのが芸能人というもの。しかし彼らだって風呂に入るし食事や掃除もすれば、服も着替える。それではその時間をどう捻出しているのか。超多忙な生活から編み出された「時短ワザ」は一度試す価値アリだ。家事が得意な有名人の時短ワザを紹介しよう。

 まずは、お笑いトリオ・森三中の3人による掃除の時短ワザ。3人それぞれ、掃除における“時短ポイント”が分かれているのが興味深い。

 料理好きで知られる村上知子(40才)の大敵はキッチンの油汚れ。かつてテレビ番組で「台所用洗剤を吹きかけた上にラップをしてドライヤーで温め、油が浮いてきたらスポンジで拭き取る」という掃除テクを披露している。

 一方、大島美幸(40才)は、毎日掃除しないと気が気でないという“掃除魔”。

「ピカピカの窓にするためにいろいろ試した結果、水アカには古デニムが効果的で、ほこり汚れには雑巾にストッキングをかぶせて拭くと、ストッキングの静電気がほこりを集めて二度拭きしなくてすむと、ホクホク顔でした」(テレビ関係者)

 唯一の独身・黒沢かずこ(42才)は、自宅にゴミ袋を24袋もため込んだ経験があるというほど、大の掃除嫌い。

「なるべく体を動かさずにきれいな状態をキープしようと頭をひねった結果、ゴム手袋をはめてカーペットをこする方法に行き着いたそう。座ったままで気になる箇所に手を伸ばせば、ゴム手袋でゴミやほこりをからめ取れるのだとか」(前出・テレビ関係者)

 ずいぶんズボラな“ながら掃除”だが、オンラインコミュニティ『家事トモ☆サロン』を主宰する知的家事プロデューサーの本間朝子さんによれば理にかなった方法だそう。

「黒沢さんのように、汚れる場所の近くに掃除用具を置いておくのは、時短につながります。ほかにも、テレビ台の後ろにハンディーモップを置いておいたり、コンロの周りにキッチンペーパーを小さく切ったものを置いておくなどの工夫で、わざわざ掃除の時間を設けなくてすみます」(本間さん)

 永作博美(50才)も家具の位置を工夫して掃除効率化を表明。過去のインタビューでも「動きやすく無駄のない生活動線を考えながら、家具や物のベストな位置を決めていて、それがはまるとものすごく快感!」と熱く語っていた。

 とはいえ、床に物を置かないことを徹底するのは難しい。“家事えもん”の愛称で知られるお笑いタレントで放送作家の松橋周太呂(35才)もこう話す。

「わかっていてもなかなかできない(苦笑)。ぼくはハシゴ形をしたラダーラックに、床に散らばったかばんや服をひっ掛け、いったん床に何もない状態を作ってから掃除をしています」(松橋)

 家事の中で最もやりたくないものとして名前があがるのはアイロンがけだ。3人の子供を持ちながらタレントとしても活躍する小倉優子(37才)は洗濯物を干す際、ハンガーにかけて両手でパンパンと叩いてしわを伸ばして干し、乾いたらハンガーのままクローゼットに収納。アイロンがけを省略している。

「時短のきっかけは前夫との離婚。ひとりで仕事と子育てを両立するためだそうです。ワンピース姿が多いのも、服の組み合わせを考える時間を省くためだそうですよ」(前出・テレビ関係者)

電子レンジとシリコンスチーマーで時短

 華やかな世界で活躍する芸能人たちだが、食事の支度に悩むのは私たちと一緒。セレブ母・神田うの(45才)も時短料理に励む1人だ。

「お鍋を使わずに作る“時短マッシュポテト”をはじめとして、電子レンジとシリコンスチーマーを使って時短料理を模索しているようです。目覚めた理由は、娘さんのお弁当を作るようになったこと。プロデュース業も忙しい中で、どうしたら時間を捻出できるのか、必死に考えた結果だそうです」(芸能関係者)

 時短料理を可能にするのは食品の保存方法にもヒントがある。調理師免許を持つギャル曽根(34才)は、「白菜・ねぎ・にんじん」や「数種類のきのこ」、「トマト・玉ねぎ・ピーマン」など、冷凍野菜ミックスを自作し、時短調理に役立てている。

「小松菜や菜の花などアクが少ない葉ものもおすすめ。ざく切りにして冷凍保存しておけば、解凍時に味つけするだけでおひたしになります。にんじんやごぼう、玉ねぎなども、フードプロセッサーで細かくして冷凍すると手軽に大量のストックが作れます」(本間さん)

 忙しい年末を乗り切るために、どれから試してみる?

※女性セブン2020年12月3日号