中国経済は全体では着実に回復しているが、消費の戻りだけが弱い。10月の月次統計をみると、生産(鉱工業生産)は6.9%増で、2019年の月次データと比較すれば、上から2番目に高い伸び率だ。

 投資(固定資産投資・累計)は1.8%増。水準は低いがこれは1〜10月までの累計の伸び率であるからで、月次で推計し直すと10月は12.2%増となり、2015年3月以来の高い伸び率となる。

 輸出(人民元ベース)は7.6%増で、昨年1年間の伸び率である5.0%増を超えている。ドル高が進む中での高い伸び率だ。新型コロナウイルスのパンデミックが収束しない中、世界は厳しい経済環境に置かれているが、それでも中国製品には構造的に根強い需要があるようだ。

 一方、消費だけが冴えない。10月の消費(小売売上高)は4.3%増に留まっている。2020年を振り返ってみると、1、2月に▲20.5%減に落ち込むと、7月までマイナスが続いた。そこからは3か月間プラスが続いているが戻りは弱い。10月は前月と比べ1ポイント高いとはいえ、市場コンセンサスよりも▲0.7ポイント低く、昨年までの過去最低の伸び率よりも、2.9ポイント低い水準にある。

 消費はもともと変化の小さな統計であり、所得と消費者マインドぐらいにしか影響を受けない統計でもある。今回の新型コロナ禍を通じて“三密”の重要性を強く認識した消費者はマインドを委縮させている。中国においても、これを解きほぐすのは容易ではない。

 こうした経済情勢の中で11月18日、国務院常務会議が開かれ、消費刺激に的を絞った政策が打ち出された。

 ポイントは2点ある。一つは消費の活性化、もう一つはとりわけ厳しい状況に置かれている旅行業界に対する発展強化策である。

 まず、消費の活性化について。具体的には、自動車、家電家具内装、レストランの3業種が選ばれている。

 自動車に関しては、農村地区に住む住民に対して、仕事に使う3.5トン以下のトラック、1600cc以下の排気量の乗用車の購入を支援することであり、現在の排ガス規制に合わなくなった自動車に対する買い替えを促進するための補助金支給であり、また自動車需要そのものを高めるような駐車場、充電スタンドなどの設備強化である。焦点は都市部ではなく、農村部にあてられている。

 家電家具内装に関しては、政府の決める条件に適合する地区において、環境にやさしいスマート家電の購入や、環境保全に配慮して作られた家具の購入、内装工事に補助金を出すといった政策である。

 レストランに関しては、外出する消費者が構造的に減ってしまった以上、新しい業態を開発するしかない。創造的で新しいオンライン、オフラインの経営モデルの事業展開が進むよう支援する。飲食は集客がもっとも重要なポイントだ。様々な形でレストランを紹介する仕組みができるように支援する。

 業種を特定した支援のほかに、県域・郷鎮(県級市の末端自治区)に焦点を当て、消費を活性化させる政策が出ている。村に至る流通拠点の建設を強化し、農村部の生活、消費習慣にあったショッピングモールの建設を支援する。価格の安いものがたくさん売られることになるが、どうしても偽物の販売、詐欺まがいの商売をする者が出てくる。行政はこうした販売、違法商売について厳しく取り締まる方針だ。

 次に、旅行業界に対する支援策について。中国各地には多くの名所旧跡がある。そうしたところに対して、電子地図、音声案内といったサービスを充実させ、アクセスに必要な道路や、トイレの評価をしっかり行い、顧客へのアピール力を高める。デジタル化して閲覧できるようにしたり、クラウドを使った新しいビジネスを展開したり、“インターネット+旅行・民宿”の発展の規範を示す。更に、審査・認可・監督・管理を改善して安全に旅行が楽しめるよう監視システムを強化したり、オンラインでの訴え・苦情処理システムを強化し、詐欺行為・悪徳商法などを撲滅する。

 日本では新型コロナが再び感染拡大する中で、中央政府がGo Toトラベル、Go Toイートなどのキャンペーン政策を打ち出したかと思うと、それを一部地域に限定する方針に変わるなど、混乱している。都道府県はそれによって右往左往している。

 タイミングが悪い上に、“一律”に“お金を出す(だけ)”という発想が、混乱を生む要因となっているのではないか。消費を引き上げることはとても難しい。収入(補助金による補填)に働きかけるぐらいしか方法がないだろうということは分かるものの、それだけでは固く凍りついた消費マインドを溶かすのは難しい。公平性ばかりを気にしていたら何もできない。中国のやり方の中から、日本でも効果的な施策があれば、ぜひとも活用してほしいと思う。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うフリーランスとして活動中。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。