ゲームセンターやスーパーなどに設置されるアーケードゲームとして知られる「クレーンゲーム」。最近ではインターネットで遠隔操作し、獲得景品が自宅に届くオンライン版が登場、人気を博している。フリーライターの吉田みく氏が、同ゲームにハマり多額のお金を注ぎ込んだという30代男性に話を聞いた。男性によると、ハマった理由は「景品欲しさではない」という。何があったのか。

 * * *
「自宅でできる楽しみを探している時、出会ったんです。取れそうで取れない……。そうなると、僕、ヒートアップしちゃう性格なんですよね」。千葉県在住の飲料メーカー勤務、熊谷大地さん(仮名・32歳)は、オンラインクレーンゲームにハマりすぎてしまったことを後悔していた。

 オンラインクレーンゲームとは、インターネットで遠隔操作するクレーンゲームのこと。通信環境が整っていれば遊ぶことができるため、コロナ禍の娯楽の一つとして人気を集めているようだ。

 年末、筆者自身もオンラインクレーンゲームに挑戦した。2回ほどプレイして景品獲得とはならなかったが、ほかのプレイヤーが獲得している姿を画面で見て嬉しい気持ちになったことを覚えている。オンライン上ではプレイ画面を共有することができるので、実際にプレイするだけでなく、他者のプレイを観覧して楽しむこともできる。

 熊谷さんのオンラインクレーンゲームデビューは約半年前。自粛生活で時間を持て余している時に出会ったという。最初のうちはログインボーナスでもらえる無料プレイの範囲で楽しんでいたものの景品が獲得できないモヤモヤが募り、気づいたら1万円分のポイントを購入していたそうだ。

「景品が欲しくてプレイしていたと思っていましたが、本当は違ったようです」(熊谷さん、以下同)

 定期的に景品を獲得できるようになり始めたあたりから、熊谷さんのプレイを観覧する人の数が気になり始めたという。その数は景品獲得に近づけば近づくほど増えるそうで、10人を超え始めると気持ちの高ぶりが抑えられなくなってしまうと話していた。

「知らない誰かに応援されている」「ここで僕が取らなくちゃ、誰かに取られてしまう」……。その思考回路が招いた結果、課金する手が止まらなくなり、生活費まで切り崩す事態に発展したという。具体的な利用金額は覚えていないとのことだが、ひと月で10万円は使ったそうだ。現在はクレジットカードのリボ払いを活用し、崖っぷちの生活を送っているとのこと。

「自宅にはオンラインクレーンゲームで獲得した景品が山積みになっています。フリマサイトで売るのも面倒なので、推しのアイドルにプレゼントしちゃおうかな?」

 熊谷さんには長年追っかけているお気に入りのアイドルがいるそうで、イベントが再開されたら獲得した景品をプレゼントする計画を立てていた。話を聞けば聞くほど、熊谷さん自身はさほど景品自体には興味がなく、景品獲得に至るまでの過程にハマったことが分かった。

 現在はオンラインクレーンゲームをお休み中。まずは生活を立て直すことを一番に考え、「お金のかからない趣味を持つことを目標にしたい」と、熊谷さんは話していた。

 絶妙なゲームバランスがとられているオンラインクレーンゲーム。ユーザーによっては射幸心を煽られすぎてしまい、予算額を大幅に超えてしまうケースも少なくないようだ。人それぞれ利用できる金額は異なる。無理のない範囲で楽しんでほしい。