急増する高齢者の「ひとり暮らし」。健康面での心配など注意すべき点もあるが、それ以上に、自分の自由な時間を満喫できるという大きなメリットもある。そして、好きな家を自由に探せるのも、ひとり暮らしの楽しみのひとつだ。

 1968年のデビュー曲『愛の奇跡』で一世を風靡したデュオ・ヒデとロザンナ。イタリア出身のロザンナ(70才)は、1975年にヒデこと出門英さん(享年47)と結婚して2男1女に恵まれたが、1990年に最愛の夫と死別。悲しみのなかで懸命に子供を育てたが、65才になったとき、「そろそろ自分の人生を歩みたい」と思ったと話す。

「その頃、ちょうど同居していた娘夫婦が引っ越すことになり、ひとり暮らしをしてみたいと思ったんです。子供たちも大人になったし、そろそろいいかなって。最初は都内のマンションでひとり暮らしを始めて、その後に娘夫婦が近所に住む郊外へ引っ越しました」(ロザンナ・以下同)

 独身時代以来となるひとり暮らし。それは自由気ままそのものだ。

「それまでは、子供や孫に『何が食べたいの?』と聞いてから料理していましたが、いまは自分の分だけ。『今日は疲れちゃったから、パンとサラミとピクルスでいいや』と済ませることができます。孫の栄養やアレルギーを気にしなくていいのも気楽です。私にとって“薬”であるワインも欠かしません」

 洗濯や掃除も1人分のため、あっという間に終わる。たっぷり増えたひとりの時間は、健康のために使うようになったという。

「コロナ太りが気になり、室内用のトレーニングマシンを購入して1日5km歩いています。エアロバイクにも毎日1時間半乗って、下半身を鍛えています」

 適度な運動は、活動量が減り心身機能が低下する「フレイル」や骨関節疾患の予防にも役立つ。ひとり暮らしを元気に長く続けるために不可欠だ。

 昨年7月に古希を迎えてからも、ひとりでの暮らしを堪能するロザンナは「いま、世の中は自分のためだけに動いています」と笑顔をみせる。

「ガーデニングや読書、映画鑑賞など、やりたいことをやりたいだけやっています。これまで誰かのためにやっていたことを、自分を優先してできるのは心地いい。家に誰かがいるとどうしても期待してしまって、『なんでゴミ出ししてくれないの!』と怒ることもありました。いまはすべてが自分の責任なので腹の立ちようがない。誰かのせいにすることがなくなり、精神的にも穏やかになりました」

 コロナ禍では、女友達と手料理を見せ合いながら、リモート飲み会を開催することもあると話す。どこに暮らしていても、人とつながれる時代ならではのお楽しみだ。

※女性セブン2021年3月4日号