2度目の緊急事態宣言で居酒屋やファミレスが夜8時に閉まるようになった結果、自炊をしなくてはならなくなり、スーパーマーケットに足を運ぶ人も増えているだろう。コロナ禍のストレスが溜まっているのか、スーパーではこれまでにはなかったようなトラブルも発生しているという。スーパーの店員や客が見た、実際にあったトラブルを紹介する。

浮世のうさ晴らしにくる男性客にうんざり

 スーパーのパートタイマー歴15年。ここだけの話、2回目の緊急事態宣言からこっち、客の態度がひどいなんてもんじゃない。

 特にテレワークだかなんだか知らないけど、会社に行かなくなった男ども! 気晴らしに、日に何度もやってきて、ケチつけていくんだわ。

「ポイントカードはお持ちですか?」と聞くと「ねーよ。何回言わせるんだッ!」とケンカ腰。

「レジ袋に商品をお入れしましょうか?」と言うと、私がしている薄いゴム手袋を見て、「その手袋、何人目の客で替えてるんだ? オレの買ったものを汚ねぇ手で触るなッ」とからんでくる。

 かと思えば、小さくて古いビニール袋を差し出して、絶対に入らない量の商品を入れさせようとする。

 飛沫対策の透明のビニールシートをグイとめくりながら顔を突き出して、「お前なぁ」と言われたときは、黙ってレジ閉めて、事務所に駆け込んだわよ。

 ふんっ、何が高級住宅地でいちばんのスーパーよ!!

(おじさんが怖い55才女性店員)

“列に割り込んだ疑惑”でカートを足に!

 コロナ禍でみんなイライラしているのはわかっていたけど、近所のスーパーで、おじいさんから暴行をされるとは……。こんなこと、初めてよ。

 どこのスーパーやコンビニも、レジ前に並ぶ客が間隔を空けて並ぶように床にシールが貼ってあるでしょう。

 その店は、その間隔が広いから、列を横切ったりできていいなと思っていたの。

 それで、その日も、レジに並ぶ前に買い忘れたものを思い出して、列を横切って、再び列を横切ったらガーン! スーパーのカートを足に当てられた。

 痛みでびっくりして一瞬わからなかったけど、おじいさんが「割り込むな」とわめいている。「暴力はダメだよ」とほかの客から止められたら、ますます興奮して、「こんな女がいるからコロナが終わらないんだ」って。

 当てられた足も痛いし、頭にきて私も反撃していたら、「上の人間を出せいっ!!」とレジスタッフに直訴。でも、「チョット、オマチクダサイ」って外国の人。

 なかなか要領を得なくて店長が現れるまでずっとにらみ合いよ。ホント、疲れた。

(平謝りの店長に免じて矛を収めた43才女性客)

取材・文/野原広子

※女性セブン2021年3月11日号