2018年の酒税法改正により、2026年10月までに段階的に「ビール」「発泡酒」「第3のビール(新ジャンル)」の税率が一本化されていく。ビールは減税、発泡酒と第3のビールは増税ということになるが、こうした動きに対し「ビール偏愛主義」をこの27年貫いてきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏(47)が思うところを述べる。

 * * *
 これまで「ビール系飲料」は、麦芽の配合率によって税率が異なっていました。麦芽の配合率が高ければ高いほど酒税が高かったのです。65%以下であれば「発泡酒」で、25%以下であれば「その他リキュール」になる。その間隙を突き、1994年にサントリーが発泡酒の「HOP’s」350mlを180円で発売しました。

 その頃、350mlのビールが210円ほどしたのですが、その安さは衝撃的で、以後、各社が発泡酒の開発に乗り出します。キリンは「淡麗」を出すなどして対抗し、「安いビール」として発泡酒は一世を風靡します。

 当時シェアNo.1だったアサヒビールは、当時の社長が「ビールのまがいもの」などと述べ発泡酒を批判していたものの、結局は消費者の格安志向に抗えず、発泡酒を発売します。

 サッポロはさらに麦芽比率が低くエンドウ豆を使った「ドラフトワン」を2004年に発売。このあたりから「第3のビール」という呼称がつき、その後「新ジャンル」と呼ばれるようになります。

 日本のビール各社は「ビールの税金は高すぎるんだよ!」と悶々としていたと思われますが、「なんとか消費者に安くおいしいビールを届けたい」と頑張っていた。税金の高さにより、麦芽の配合比率を下げた「ビール風飲料」を市場に出すことに逡巡はあったことでしょう。このことは、当時広告会社社員として、ビールメーカーとも付き合いがあった私はよく聞いておりました。

 そうこうする内に「発泡酒」「新ジャンル」がその安さと味わいの工夫をもって、「ビール系飲料」の中でシェアを高めるようになります。すると、財務省は「税率を同じにする」と言い出すではありませんか!

 メーカーの立場に立つと「我々はなんとかビールに近い味のおいしい飲料を作るべく涙ぐましい努力をしてきたというのに……。ここまでキチンと技術革新をし、おいしくしてきたのに梯子を外すのですか!」と言いたくなっても当然です。

 私は、基本的には発泡酒も新ジャンルも飲みません。理由はビールの方がおいしいと思っているからです。その一方で、高すぎるビールの税金を回避し、消費者のためにと発泡酒と新ジャンルを生み出してきたメーカーの努力には頭が下がる思いです。

 正直、日本のビールメーカーの皆様方は「本当はビールの方がおいしいのは分かっているけど、なんとかビールに近づけようとこの25年ほど頑張ってきたんだよ! それで、ようやくこんなに安く、ビール系の飲料を量産できるようになったのに、なんで税率を変えるの!?」と言いたいはずです。

 はい、本当にこの通りです。いわゆる「企業努力」というものをお役所が変えてしまうことについて私は違和感を禁じ得ません。完全に税率が一本化されるのは2026年10月まで待つわけですが、ビールメーカー各社は再び「発泡酒」「新ジャンル」に慣れた方々のために新たな味を開発することになるでしょう。

 税率の間隙を縫って「発泡酒」「新ジャンル」を生み出したメーカー各社は、当然これからの5年半ほどの戦略は練っていることでしょう。一ビールファンとしては、本当にその努力と国の無茶振りへの対応に感謝しています。これからもおいしいビール及びビール系飲料を提供してくださいね。心から応援しています。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。