新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、昨年度は多くの大学が全面的なオンライン授業へと移行したが、4月から始まる今年度の講義は対面形式を再開させる大学も増えている。上智大学、早稲田大学、関西大学など「原則対面」を表明する大学も多く、その他の大学でも演習科目などを中心に対面の割合を増やす「対面・遠隔のハイブリッド型」に移行した大学が目立つ。

 もちろん、各大学で最大限の感染対策を講じたうえでの措置であり、慣れないオンライン授業に疲弊し、対面講義を待ち望んでいた学生にとっては、歓迎すべきことかもしれない。だが、現役大学生へ聞き取り取材を行なったところ、対面と遠隔の組み合わせにより「混乱が増す」という声も少なくなかった。

 神奈川県から都内の私立大学に通うAさん(文学部・2年生)は、このように語る。

「昨年度は、入学してから一度しかキャンパスに行きませんでした。その間は1年間、ずっと自宅でオンライン授業を受けていましたね。実家に良いノートパソコンが無く困っていましたが、いとこから、お下がりのMac Book Proをもらえたことで、どうにか1年乗り切ることができました。

 そうやってようやくオンラインに慣れてきたところ、4月からは、ほぼ対面になると大学から連絡がありました。現在、履修登録期間なのですが、ちょっと困ったことが起こっています。

 ある曜日の1限が大人数科目のためZoomによるリアルタイムのオンライン授業に。しかし、2限は英語の演習で対面、3限は学部の必修科目でオンライン授業です。神奈川の実家から大学まで、片道1時間半以上かかるため、1限を家で受講していると、2限の対面に絶対に間に合わない。

 大学の事務に問い合わせたところ、『ノートPCを持参して、1限を大学のPCルームや自習室を使って受講すればよい』と言われました。ただ、同じ理由で1限からキャンパスに来て自分のPCで受講する人が多数いるはずで、全員がそこで受講可能なのか不安です。そもそも、ほとんど大学に行ったことがないので、構内のWi-Fi環境やコンセントが利用できるのかといった点も分からない。

 また、90分の1コマ授業だけのために通学するとなると、往復の通学時間だけでなく交通費もかさみます。大学側には、対面の日と遠隔の日を曜日ごとに分けてもらえるとありがたかったのですが……」(Aさん)

大学教員は「昨年度より業務量が激増」

 対面講義の再開によってゼミの運営がままならないと語る学生もいる。大阪の私立大学に通うBさん(情報系学部・4年生)は、自身が所属するゼミの状況について、このように語る。

「うちのゼミでは積極的に課外活動をしたり他大学のゼミと連携した活動がしたいというメンバーと、『遠隔で実施してほしい、複数のゼミ生と会話をしたり、共同作業することが不安』というメンバーがいて、意見が真っ二つに割れている状況です。

 ゼミのメンバーのなかには、普段からカラオケ飲み会などをしたり、梅田周辺で就活仲間と合コンしたりしている人もいる。一方で混み合う電車通学に不安を感じて、学校に来ること自体に疑問を感じているメンバーもいます。意識の差がありすぎることで、ゼミ生の不満の声も高まっています」(Bさん)

 混乱しているのは学生だけではない。大学教員の中からは、講義科目が対面に移行することで、「昨年度よりも業務量が激増している」と嘆く声も聞こえる。いったいどういうことか、東京の私立大学に勤務する教員・Cさん(40代)は、こう説明する。

「対面再開とはいえ、従来のキャンパスライフに戻れるわけではありません。講義科目が対面になっても、基礎疾患がある学生や遠方から通学する学生の中からは、『昨年度と同様、オンラインで受講したい』というニーズが出ており、それを完全に無視することはできない。こうした学生をサポートするために、対面授業を教室の後方から動画で撮影し、その映像資料をポータルにアップロードする大学もあります。

 とはいえ1コマ90分間の講義を動画撮影することは大きな手間で、機材も必要になります。教員は複数のコマを担当しているので、その分、業務量が増えるということです」(Cさん)

 昨年度は初めてのオンライン対応に迫られ、新たな取り組みに四苦八苦していた学生と教員たち。依然として感染拡大が続く中で対面授業の解禁が進むことで、昨年度とは別の混乱も生じ始めているようだ。