自身の出身大学よりも、レベルの高い大学院に進学する――。向上心が高い人に思えるが、最終学歴を“浄化”した「学歴ロンダリング」ではないかと、否定的な見解を持つ人もいるようだ。言われた当人が抱える事情や苦悩とは。

 メーカーに勤務する30代の男性会社員・Aさんは、大学は私立大理系出身だが、大学院は東大を出ている。東大院に進んだのは、「学歴コンプレックスを払拭するためという理由もある」と正直に本音を明かしてくれた。

「大学1年の時は仮面浪人をしようと、講義中に大学受験の参考書を持ち込んでいたほどです。多くはないですけど、周囲にも同じような人がいました。やはり国立大へのコンプレックスが強かったですね……。僕の地元では、卒業した私大はあまり知名度がなく、地元国公立大が『すごい』と思われる風潮があって、地元国立理系のいとこや親戚たちにマウントを取られるのが悔しかった」(Aさん)

 だが結局、仮面浪人は失敗に終わり、再受験は諦めたAさん。一流企業への就職で挽回しようと考えていたが、それでは根本的な「学歴問題」が解決しないと考え、自分の出身大学ではなく国立大学の大学院への進学を思いついたという。

「もちろん学費を安くしたいという思いもありました。私大に2年行くと250万円くらいかかりますが、国立なら半額の130万円くらいで済むので。院試に合格した時は、本当にうれしかったです。ただ、大学時代の知り合いからは、陰で『あいつ学歴ロンダリングしやがった』と言われていたようです」(Aさん)

 就職後にも「学歴ロンダリング」をいじられることがあった。慶應大院卒の上司が、Aさんを紹介する時に、「こいつ院だけ東大」「最終学歴は東大だけど、大学は違う」などと、わざわざ「大学院だけが東大」だという“いじり”を入れてきたそうだ。

「『学部は○○大なんです〜、なんかすいません……』と苦笑いするのが定番の回答で、正直、面倒です。そもそも大学や大学院を人前でわざわざ言うことなのか疑問ですが、まるで『お前は東大を名乗るにふさわしくない』とでも言いたげで……。上司も僕と同じように、学歴コンプレックスがあるのかもしれません」(Aさん)

 そんなAさんは、「東大修士課程修了」という学歴を持ったことで、新たなプレッシャーも生まれたようだ。学歴コンプレックスは緩和されたが、「本当に自分はこの学歴に値する人間なのか」とその重さを思い知る機会が多くなったという。「内部生は本当に優秀な人が多くて、胸を張って東大とは言えない自分がいます」と語る。

東大から私大院で「逆学歴ロンダリング」?

 私大文系から理工系国立大学の大学院に進学したことで、周囲から「学歴ロンダリング」を指摘される人もいる。IT企業で働く20代女性・Bさんだ。そもそも文系出身者が、なぜ理工系大学の大学院に進学したのか。

「理工系の大学には理系の専門分野しかないと思われがちですが、実は院には社会・人間科学系の研究室もあって、私が入ったところには、かなり私大文系卒の人もいたので、そんなに珍しくはなかったと思います」(Bさん)

 Bさんが大学院に進学した動機は、「すぐ就職したくなかったから」だという。とはいえ、フリーターとしてフラフラするわけにはいかず、大学院への進学を選択した。

「まだ学生でいたい、就職したくないという気持ちがあったところに、どうせなら“ハク”を付けたいと思ったんです。私大文系とは真逆のイメージがある国立理系なら、全然知らない環境っぽくてワクワクしましたし、人に言うような時もインパクトがあるかなと思いました。あちこちで『学歴ロンダリング』とネタにされるんですが、『最終学歴は大切ですから〜』と笑ってやり過ごしています。最初はモヤモヤしていましたが、慣れました」(Bさん)

 そうした声がある一方で、「逆学歴ロンダリング」と言われてしまった人もいる。東大文系から別の私大院に進学した30代女性・Cさんだ。周囲から経歴を指摘されることが多く、「面倒」だという。

「自分が専攻したい分野に合った研究室を選んだだけなのですが、私の経歴を知った人は、『何で東大を出ているのにわざわざ?』という目線を送ってきます。『東大の院に行けなかったのね』と遠回しに言われたことや、『最終学歴が東大じゃなくなるの嫌じゃないんですか?』と直接的に伝えてくる人も。別に本人がいいなら、それでいいじゃないですか」(Cさん)

 Cさんは、最終学歴を重視しすぎる日本の風潮に疑問を抱いている。

「日本はとにかく“最終学歴”が好きですが、それも“同じ大学の大学院”のほうが、同族意識があって好感が持てるヤツ、というイメージもあるのかもしれません。学歴ロンダリングと揶揄されるのも、“最後だけ上書きした”というネガティブな考えからくるものでしょう。そもそも大学に入るよりも、大学院に入る方が簡単だと思われているのがおかしい。院試を受けたことも受けようとも思ったことがない人に、何を言われる筋合いもありませんけどね」(Cさん)

 学歴社会ならではの様々なコンプレックスが絡み合う「学歴ロンダリング」問題。Cさんの言う通り、本来は周りにとやかく言われる筋合いのものではないのだろうが……。