コンビニの“カツサンド”といってまず思い出されるのは、「とんかつ」のカツサンドだろう。しかし、隠れたコンビニの“定番カツサンド”といえば、実は「チキンカツサンド」。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏が説明する。

「とんかつを使ったカツサンドが定番なのはもちろんですが、意外とコンビニで人気なのがチキンカツサンドです。通年にわたって販売されているわけではないものの、定期的に登場する商品となっています」

 コンビニのチキンカツには、どんな特徴があるのだろうか。

「とんかつのカツサンドに比べて、少々値段が安く、なおかつ分厚いというのが大きな特徴です。サンドイッチとしてはボリューミーで、バーガーのような食べごたえがある商品も多いです」(小浦氏)

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブンとローソンで販売されているチキンカツサンドを実食。その特徴に迫る。(※取り上げた商品は、2021年4月12日時点で東京都内で販売されているものです)

セブン-イレブンはキャベツがたっぷり

 セブン-イレブンでは『チキンカツサンド』が販売中だ。価格は334円(税込み、以下同)。カロリーは467kcal。重量を測定したところ、179gだった。

 ほかのサンドイッチに比べても、明らかに分厚いこの『チキンカツサンド』。もっとも厚みがあった部分を測定したところ、その厚さは約4cmだった。

「かぶりつくのが大変なくらいに、分厚いサンドイッチです。粗めにカットしたキャベツがチキンカツといっしょに挟まっていて、そのシャキシャキとした食感も印象的。ソースはそこまで甘くはなく、とても食べやすいです」(記者A)

 パンを開いて中身を確認したところ、パンとほぼ同じくらいの大きさのチキンカツが挟まっていることがわかった。

「チキンカツは思っていた以上に大きいですね。本当にボリュームたっぷりです。とんかつのカツサンド以上に満腹感は得られると思います」(記者A)

セブン-イレブン
『チキンカツサンド』
価格:334円
カロリー:467kal
重量(実測値):179g(包装除く)
もっとも厚い部分の厚さ:約4cm

ローソンはとにかく分厚い!

 ローソンで販売されている『チキンカツサンド』は、348円でカロリーは392kcal。包装部分を除く重さを計測したところ、セブン-イレブンの『チキンカツサンド』と同じく179gだった。

 パンのサイズはセブン-イレブンに比べてほんの少し小さめだが、セブン-イレブンと同様にかなり分厚い。もっとも厚い部分を測ったところ、約4.5cmだった。

「セブン-イレブン同じく、チキンも肉厚で、かなりボリューム感のある商品です。見た目の強いインパクト通り、すごい食べごたえです。

 セブン-イレブンと異なる点は、キャベツの量が少なめなところ。キャベツは細かくカットされていて、シャキシャキの食感は控えめです。そういう意味でも、チキンカツの大きさを強調した商品だと言えますね。実際、食べてみたら完全に “チキンカツバーガー”といった雰囲気で、結構大きく口を開けないと食べられません」(記者A)

 こちらもパンを開いて中身を確かめてみたところ、かなり大きなチキンカツが登場した。

「パンを占めるチキンカツの割合を面積で見ると、セブン-イレブンよりはやや小さめ。でも、その分厚さがすごいので、具が少ないという印象はまったくありません」
(記者A)

ローソン
『チキンカツサンド』
価格:348円
カロリー:392kcal
重量(実測値):179g(包装除く)
もっとも厚い部分の厚さ:約4.5cm

軽食ではなくガッツリ飯のイメージ

 セブン-イレブンとローソン、いずれの『チキンカツサンド』もとにかく分厚くてボリューミーだった。

「『チキンカツサンド』は、コンビニのサンドイッチメニューの中で最高レベルにボリューミーなのは間違いないでしょう。サンドイッチというと“軽食”のイメージが強いですが、『チキンカツサンド』に関しては軽食ではなく、むしろ“ガッツリ飯”に近い雰囲気すらあります。これが350円以下で食べられるというのは、コスパ的にも素晴らしい。コンビニグルメにおいて、やはりコスパやボリューム感は重要なので、そういう意味でも『チキンカツサンド』はコンビニ向けのサンドイッチと言えるかもしれません」(小浦氏)

 ガッツリ食べたいけど、食事する時間があまりないという時にこそ重宝しそうなコンビニの『チキンカツサンド』。コンビニサンドの隠れた名品と言えそうだ。