多くの家電にもその技術が応用され、どんどん身近になっているAI。アレクサなどのスマート家電はまさにその代表例で、今後AI家電がさらなる発展を遂げるのは明らかだ。ほかの家電と連携して、ある程度まで家に近づくと自動でエアコンや照明のスイッチが入る機能や、部屋の空気の汚れに反応して勝手に空気清浄機が作動する機能などは、すでに実用化されている。

 知的家事プロデューサーの本間朝子さんが近未来の冷蔵庫を予言する。

「韓国のサムスンの新型冷蔵庫は、庫内にカメラが配置され、どの食材がどれだけストックされているか把握してくれる。その残量は扉に設置されたタッチスクリーンに表示され、スクリーンに向かってしゃべることで、足りない食材を注文できます。

 家族の好みと食材のストックから1週間分のメニューも提案してくれるので、近い将来は、冷蔵庫に搭載されたAIが、家族の食事記録をもとにした栄養アドバイスもしてくれるようになるでしょう」(本間さん・以下同)

 肉ばかり食べていたら、“ソロソロ魚ハイカガデスカ?”などと、家電が提案してくれるのだ。

 すでに、アマゾンなどでは消費者の購入履歴の傾向を読み、「あなたへのおすすめ」として、新たな商品を提案している。今後は、あなたの代わりにわが家の家電がメニューを考案するようになるのだ。

「この技術が進化すれば、料理以外もラクになるはず。たとえばクローゼットにAIが搭載されれば、普段着の傾向を把握し、流行や気温から、その日はどんなコーディネートがいいか提案するようになるでしょう。実際、クローゼットのAIとアパレル業者が提携し、洋服の販売促進に結びつける計画がありました」

これからの家事のキーワードは「レジャー化」

 ここで重要なポイントは、家電の進化が「便利」なだけでなく、「楽しい」体験となることだ。家事シェア研究家でNPO法人tadaima!代表の三木智有さんがいう。

「たとえば、パナソニックのスチームオーブンレンジ『ビストロ』は、下ごしらえした食材を耐熱ボウルに入れて“チン”するだけで、中華からフレンチ、イタリアンまでさまざまな料理ができる。電気調理鍋の『スロークッカー』は、時間はかかるけれど、ボタンひとつで低温調理ができ、信じられないほどおいしい料理がつくれます。

 料理に苦手意識のある男性でも、こんなハイテク家電があると家事のハードルが下がり、さらに楽しみながら、積極的に家事に参加できるようになります」

 家事研究家で、『なぜ妻は「手伝う」と怒るのか 妻と夫の溝を埋める54のヒント』の著者、佐光紀子さんは「レジャー化」がこれからの家事のキーワードになると指摘する。

「ポイントは、毎日の家事が“家族みんなで楽しむレジャー”になることです。特に男性は機械の細かなところまで見ることが好きな人が多く、ハイテク家電を喜んで使うケースが増えるはず。家電をレジャー化すれば、家事を家族で分担しやすくなる」

 そのために重要なのは、「家事に完璧を求めないこと」。

「日本の家庭は、食器洗い乾燥機の設置数の割に、稼働率が低いといわれています。それは“機械に任せるのは手抜き。自分でやるべき”と、頑張ってしまう人が多いから。“自分でやらなくちゃいけない”という思い込みをなくさない限り、いくら便利なものが出ても、主婦の負担は何年経っても減りません」(佐光さん)

 近未来は買い物のスタイルも大きく変化しそうだ。コンビニジャーナリストの吉岡秀子さんが語る。

「アマゾンなどの従来のネット通販とは違い、バーチャルの店舗にきちんと店員がいて、こちらの相談に乗ってくれるシステムは、百貨店の催事などではすでに使われています。

 コンビニ大手3社は、スマートウォッチなどで収集した個人情報のビッグデータとAIを組み合わせて“野菜が足りていません”“このサプリがおすすめです”など、顧客一人ひとりに合わせた提案ができるようになることを目指しています」

 現時点では、質問に答えることで自分に不足している栄養素を補うサプリメントを提案してくれる、ファンケルの「オーダーメイドサプリ」や「myFine」、その人に足りない栄養素の素材でつくったスープやサラダを自動で選んで配送する「GREEN SPOON」など、パーソナライズ化された健康サービスが実用化されている。

※女性セブン2021年4月29日号