年金は、いわば老後を支えてくれる“終身保険”。計画性を持って使うことが重要であるのは間違いないが、自分のお金である以上、何にどう使うかはもちろん自由だ。倹約したり、ムダ使いで損する人がいる一方で、好きなものにとことんつぎ込んで人生を謳歌している人もいる。宮城県在住の及川ふみさん(77才・仮名)だ。

「夫が亡くなってから、アイドルの追っかけに目覚めました。夫が亡くなった直後はひどく落ち込んでいましたが、友人にコンサートに誘われて以来、夫の遺産で暮らしながら、自分の年金はすべて“推し”につぎ込んでいます」

 山口さんは、65才を過ぎてからアイドルや宝塚にどっぷりハマる人が意外と多いと話す。

「東京と兵庫を行ったり来たりしたり、ファンクラブに入ってスターと一緒に旅行したり……預貯金で生活しながら年金は“推し”に全振りして、夫が亡くなってからの第二の人生で、ようやく生きがいを見つけたという人を知っています。生活に不安がなければ、いい年金の使い方だといえるでしょう」

「現役時代に貯めていたお金を使うのは、退職後にしかできないこと」だと、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんは言う。

「もともと貯めていたお金があるなら、それを使うこと自体は悪いことではありません。もし、使い切らずに亡くなってしまったら、子供や孫は喜ぶかもしれませんが、自分で貯めたものは自分の人生の後半で使うのが基本だと思います」

 ただし、すべてにおいて「貯蓄がある人に限る」というのが大前提だ。「年金博士」こと、社会保険労務士の北村庄吾さんが、「余裕がないなら、投資も、子供や孫にお小遣いをあげるのも、2か月に1回もらった年金をすべて使い切るのも、全部やってはいけない」と話す。

将来受け取れる年金額の目安を知っておこう

 子供や孫、嫁にお金を渡せば、喜ばれるのは当然だ。しかし、自分が認知症や要介護状態になったときのお金は誰の財布から出るのか、よく考えてみてほしい。神奈川県在住の齊藤洋子さん(62才・仮名)が言う。

「義母は、年金暮らしを始めて間もない頃は、ことあるごとに、私や夫にお金をくれました。最初はありがたくもらっていましたが、だんだん“もらえるのが当たり前”という空気になってきて……いま、介護が必要になった義母の面倒を誰が見るのか、夫の兄ともめています。私たちにくれていたお金はとっくに使ってしまいました。貯めておいてくれれば、高齢者施設の入所費用の足しになったのに……」

 こんなふうに、自分が元気なときに散々お小遣いをあげた子供や嫁から、介護が必要になってからそっぽを向かれてしまっては、目も当てられない。

「入所費用や自宅の修繕費など、最低でも300万円くらいは用意しておいた方がいい。終身保険に入っているなら解約返戻金があると考えられるので、最低でも100万円は持っておくべきです。それもないなら、余分なお金は使わずに、黙々と貯蓄した方がいい」(山口さん)

 北村さんの計算では、夫が40年間会社勤めをして、年収は平均の600万円と仮定(妻は30才で結婚以来専業主婦)、平均寿命(男性81才、女性87才)まで生きた場合、夫婦が受け取れる年金額は、妻の老齢基礎年金が年間約80万円、夫の老齢基礎年金+老齢厚生年金が年間約212万円。

「これに、妻は夫が亡くなった後に遺族年金が加算されます」(北村さん)

 将来受け取れる年金額の目安を知ったうえで、まずは自分が月にどれくらいお金を使えるのか見直そう。

「老後のカウントダウンが始まる55才の時点で、一度収支や人生設計を見直してみてほしい。55才で確認して、10年後の65才で再確認するとなおいいでしょう」(山口さん)

 その後の見通しは「100才まで生きる」と仮定すべきだ。ファイナンシャルプランナーの山中伸枝さんがアドバイスする。

「いまの年齢からあと何年生きられるかを計算した『平均余命』に基づくと、現在80才の人の余命は男性でも約9年もある。さらに、現在90才の男性の平均余命は約4年。すでに長生きしている人ほど健康なので、年齢が高ければ高いほど、“長生き率”は上がる傾向にある。そこまで考えると、生涯のキャッシュフローは“100才まで”と仮定して考えておくべきです」

「人生100年時代」は、決して他人事ではないということだ。せっかくの年金、賢く使いこなしたい。

※女性セブン2021年5月6・13日号