一着数万円ものブランド服やバッグを月額1万1880円(送料無料)で3着(品)まで借り放題できるというファッションサブスクリプションサービス(以下・サブスク)が大丸松坂屋で始まるとあって、会員登録者が殺到。予想外の人数が集まったため、4月から始まる予定が延期になるほどの注目を集めている。

 このようにいま、“サブスク”が話題となっているが、そもそもどのようなサービスなのか。

「商品ごとに購入金額を支払うのではなく、一定期間の利用権として定期的に料金を支払うサービスのこと。つまり、一定金額を払うと、借り放題や見放題ができるというわけです。利用回数が増えるほどお得になります」

 と教えてくれたのは、節約アドバイザーの丸山晴美さんだ(「」内、以下同)。最近ではサービスが多岐にわたり、定額で月1回商品が届くなどの『定期便サービス』も、サブスクと呼ばれている。

読者の一番人気はAmazonプライム

 女性セブンの読者1706人にアンケートをとったところ、もっとも加入者数が多かったのが、配送料無料をはじめ各種サービスが活用できる『Amazonプライム』。サブスク利用読者の約7割が加入していた。次いで動画配信サービス『Netflix』、『Hulu』、音楽配信サービス『Apple Music』の順に人気が高く、サブスクにかける月額は平均1624円だった。

「コロナ禍のステイホームで、“おうち時間”を充実させる動画コンテンツや宅配サービスの需要が高まったのが、サブスクが注目される理由の1つです。また、物を持たない生活の流行で、洋服レンタルのような“借りられる”サービスも人気が高まっています」

 一方で、「あまり使わなくて損をした」「返却が面倒」など、否定的な意見も寄せられた。

「多くのサブスクが初回は無料で使えるサービスを行っています。これを活用し、いくら得するのか、返却管理はできるのかなど、自分がどの程度そのサービスを使いこなせるか把握することが大切です」

 最後に、使ってよかった派と使わなきゃよかった派のリアルな声をそれぞれ紹介しよう。

「使ってよかった派」の声

●ファッションレンタルアプリの「MECHAKARI(メチャカリ)」に入っています。月額6380円で3着借り放題。普段は買わないデザインの服やバッグに挑戦できるし、クローゼットに服が増えないのが最高。クリーニング代も節約。(42才・パート)

●連休前など、見る時間がたくさん取れそうなときにコンビニエンスストアで「Netflixプリペイドカード」を買って申し込み、見終わったら即解約。必要なときだけ入会して無駄を省いています。(50才・会社員)

●「LINE MUSIC」で、音楽の聴き放題を活用中。本来月額980円ですが、いまは新規登録3か月無料期間中なので、お金をかけずに楽しんでいます。 (32才・主婦)

●気になるサブスクはメルマガ登録しておき、新規入会無料キャンペーンのときを狙って
会員に。「2か月使わなかったら解約」などのルールを決めて使いこなしています。(36才・団体職員)

●「Netflix」なら月額990円で見放題。一方、近所のビデオ店は1週間レンタルで4枚1000円。断然安い!! しかも、返却しに行く手間がかからないのがいい!(55才・主婦)

●「Amazonプライム」(年間4900円)でお得になった配送料が昨年1年間で13万4640円に。元が取れたなんてものじゃありません。(45才・会社員)

●「dマガジン」(月額440円)を利用していますが、いつでもどこでもいろいろな雑誌が読めるし、捨てる手間いらず。 (36才・会社員)

●800店以上の美容室から選べる「MEZON」に加入中。シャンプー&スタイリングと月2回分のヘアケア(白髪染めのリタッチなど)が月額2万7500円で利用できるので、週1で通っています。一度に高いお金を払ってメンテナンスするよりキレイが持続。(35才・会社員)

「使わなきゃよかった派」の声

●コーヒー豆が届くサブスクに入っていたのですが、好きな銘柄以外のものも届くのがちょっと……。銘柄が選べなかったので、好きでもないコーヒーを飲む羽目になり、不満がたまりましたね。(58才・主婦)

●無料の連続ドラマが途中から有料になったりと、動画配信サービスは思わぬ課金が発生する。データ通信料もアップして意外と定額以外の出費が多い。(37才・パート)

●美容室のサブスクを使っていますが、人気の美容室は予約が取れず、あまり利用できていません。(52才・自営業)

●家電レンタルのサブスクに、気軽に入会。3か月で退会しようとしたら、1年契約になっていた! 規約は読まないとダメですね。(37才・パート)

●「Netflix」で配信されるドラマや映画がおもしろすぎて、暇さえあれば一日中見てしまい、家事などがおろそかに(苦笑)。(45才・パート)

●スマホ契約時に、アニメ見放題の「ディズニープラス」が無料でついてきたのですが、無料期間が終わって解約しようとしたら、アンケートに回答するなど手続きが面倒で、ついつい先延ばしに……。(48才・主婦)

●使わない月もお金が取られることに理不尽さを感じる……。(52才・主婦)

●エルメスやGUCCIなどのブランドバッグが借りられる「ラクサス」(月額7480円)に入会していましたが、高級なバッグを持って出かける機会が少ないうえ、汚してないかと心配でストレスとなり、退会。貧乏性を自覚しただけでした。(67才・主婦)

●週末は子供が一日中アニメをつけっぱなしにしていて、テレビが自由に見られません。(36才・主婦)

 使いこなせればお得なサブスク。読者の賛否両論を参考に、検討してみてはいかが?

※女性セブン2021年5月20・27日号