テレビで頻繁に見かけるのが、大食いメニューの挑戦企画。タレントが大汗をかき、喘ぎながら大盛りメニューと格闘する映像は、テレビマンいわく「数字(視聴率)が計算できる鉄板企画」だそうだが、“食べきるとタダ”を謳う店には、どんな大食漢でも食べ切れないような大食いメニューを提供する所もあるようだ。

 東京都新宿区に住むHさん(40代/男性)は、過去に「ラーメン5人前+巨大チャーシュー」「餃子100個」「2.5kgカツカレー」「ステーキ1.5kg+ご飯3合」などに成功した強靭な胃袋の持ち主だが、先日ヒドい目に遭ったという。

 Hさんが、自分の胃袋の容量が人より大きいことに気付いたのは9歳の時だ。親戚一同が集まった日、大好物の餃子を母親が大量に作ってくれ、Hさんは狂喜乱舞。「いくつ食べていいの?」と聞くと、「好きなだけ食べていいわよ」と言われ、餃子を50個以上食べて、親戚一同を唖然とさせたのだ。

「あれから30年以上経ちましたが、いまだに親戚が集まると、私の“餃子大食い事件”は話題に上ります。それまで好きなものを好きなだけ食べて良い機会などなかったので、自分が大食いだとは知りませんでしたが、確かに学校の給食は全然足りませんでしたし、お腹いっぱいでもう食べれないという経験もありませんでした。それ以来、食卓に並ぶ食事の量は一気に増え、学生時代は弁当にご飯を3合詰めていました」(Hさん。以下「」内同)

 毎月30kg近く米を消費するため、米屋に「何人家族ですか?」と聞かれたこともあったとか。大学に入ると、食べ切れば無料になる「チャレンジメニュー」なるものの存在を知り、これを制覇する楽しみに目覚める。

「当時はまだインターネットが無かったので、頼りになるのは友人からの情報だけ。私の大食いは友人に知れ渡っていたので、チャレンジメニューがある店を見つけると、わざわざ教えてくれるのです。成功すると写真を貼られるお店が多いので、『お前の写真、見たぞ』と言われることもしょっちゅうでした」

麺料理は得意だったはずなのに…

 テレビで見かけるフードファイターの中には華奢な人が多いが、Hさんは身長183cmで体重100kgオーバーの堂々たる体躯。ファミレスで巨大ハンバーグを平らげた後、固定式のテーブルにお腹がつっかえ、無理に出ようとして座席を破壊したこともあるという。そんなHさんは、経験を積むうちに得意なメニュー、不得意なメニューがあることに気付いた。

「苦手なのは肉料理。挑戦メニューに出てくるステーキは筋が多い上に固くて、満腹になる前にアゴが疲れてしまいます。油モノもダメです。天ぷらとか唐揚げは揚げ油が辛く、途中で気持ち悪くなってしまったことも。反対にほぼ成功しているのはカレーや麺類です」

 しかし先日、あるラーメン店のチャレンジメニューで敗北を余儀なくされる。麺類には無類の強さを発揮するHさんだったが、それは食べ切れるはずがない代物だった。

「料理が出てきた時は楽勝だと思ったんです。気になるのは制限時間がやや短いくらい。半分までは順調に進みましたが、そこから箸が進みません。頑張って残り1割ぐらいまで食べましたが、時間切れでギブアップ。同行した友人が通常サイズのものを頼んでいたので、ひと口味見すると、食べきれない理由が分かりました。

 人によって大食い成功の秘訣は色々あると思いますが、私の鉄則は水を飲まないこと。たとえ激辛メニューでも、途中で水は絶対飲みません。けれどもその店は、チャレンジメニューだけ味をメチャクチャ濃くしていて、水を飲まざるを得ない状態になっていました。水を大量に飲むと自動的に腹が膨れるので、完食は厳しくなる。どうりでその店が大食いマニアの間で話題にならないはずです」

 そのやり口に憤懣やるかたないHさんだったが、店員は「またどうぞ〜」と、どこ吹く風。Hさんは強烈な虚しさを感じ、大食いからの引退も考えているそうだ。