「新型コロナのことがあってから、いつ何が起きてもおかしくないのだと実感して、改めて“私は死んだ後どこに入るんだろう”と考えました。その結果、やっぱりお墓はいらないと思ったんです」

 女優の遠野なぎこ(41才)がコロナ禍で考えていたのは、「自分が最期を迎えた後に眠る場所」。熟考した末にたどり着いたのは墓石を建てる従来型のお墓ではなく、樹木を墓標として遺骨を埋葬する「樹木葬」だった。

「20代で家族と絶縁していることもあり、祖先のお墓がどこにあるのかわかりません。自分ひとりのために墓石を建てる必要性を感じられないし、樹木葬ならば建てた後のお手入れも必要ないため、誰にも迷惑をかけないで済む。ペットと一緒に入れるところも多く、長年連れ添ってくれた猫とずっと一緒にいられるのも大きな理由です」(遠野)

 いまは樹木葬の費用や場所についてリサーチを進めているという遠野の決意を後押ししたのは、2019年1月に亡くなった市原悦子さん(享年82)の最期だった。

「大女優で、本来ならば立派な墓石を建てるような市原さんも樹木葬を選んだと聞いて、衝撃を受けたし、やっぱり素敵な方法だと思ったんです」(遠野)

 遠野や市原さんのようにお墓を望まない人は増えており、宮崎美子(62才)は終活をテーマにした雑誌のインタビューで、「何も遺言しなければ、家の代々のお墓に入ると思いますが、お墓はなくてもいい。宇宙に飛ばしてもらうのも素敵だと思いますが、スペースデブリ(宇宙ゴミ)になったら迷惑がかかるかな」と語っている。

 国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)のナレーションなどで知られるキートン山田(75才)も、過去のインタビューで「子供や孫たちには自分のお墓はつくらない、と伝えている」と公言した。

家のお墓を代々相続し続けられるか?

 終活という言葉が市民権を得て久しいいま、なぜその先の“お墓”はいらないと考える人が増えているのか。

『0葬──あっさり死ぬ』(集英社)の著者で宗教学者の島田裕巳さんによれば、「お墓を持たなくてもいい」という考え方が少しずつ広まり始めたのは、ここ20年ほどのことだという。要因の1つは、少子高齢化だ。

「子供が減ったことでお墓を引き継ぐ人がいなくなったり、高齢になって遠方の墓参りに行けなくなったりすれば、手入れがゆきとどかなくなり、維持が難しくなる。そのため最初からお墓を持たないことが、選択肢に入るようになってきました」(島田さん)

 エンディングデザイン研究所の井上治代さんも、お墓をめぐる現状をこう語る。

「伝統的な石のお墓を購入する人は確実に減っています。いまの日本は価値観が多様化し、未婚者が多く、離婚してひとりになる人も少なくない。家のお墓を代々相続し続けられるのか、先がわからない状況にあります」

 子供に遠くまで墓参りに行かせたり、檀家として寺とのつきあいを続けさせたりするなどの負担をかけたくない──悩んだ末、お墓の購入を断念する親も少なくない。都内に住む主婦の青木清子さん(仮名・68才)がため息をつく。

「先祖代々のお墓は千葉にあるため、お墓参りはいつも一日仕事になります。定期的に行かなければ墓石は汚れ、雑草も生え放題。コロナ禍にもかかわらず半年に1度は夫に車を出してもらって行っていますが、負担も大きい。子供は独立して遠方に住んでいるし、私が死んであのお墓に入っても維持してくれる人はいるのだろうかと不安になり、墓じまいを考えています」

 金銭的な負担も大きい。「お墓の消費者全国実態調査(2021年)」によれば、一般墓の平均購入額は約170万円。加えて、寺院墓地ならお寺へのお布施や冥加金、霊園でも管理費が毎年かかる。相続・終活コンサルタントの明石久美さんは「そもそも葬儀自体が縮小化傾向にある」と指摘する。

「葬儀への参列者を減らしたり、通夜をなくして一日葬にするなど、葬儀の簡略化が進んでいます。最近ではコロナの影響もあって、リモートで行うケースも。こうした流れやお墓の跡継ぎ問題もあり、お墓の方も縮小しているのが現状です」(明石さん)

※女性セブン2021年5月20・27日号