少子高齢化で、お墓の手入れをする人や引き継ぐ人が減ったことで、伝統的な石のお墓にこだわらず、散骨などを選ぶ人が近年増えている。だが、そうした“最期に眠る場所”の簡略化が進んでも、故人を思う気持ちは変わらない。最近では、従来のお墓に代わるさまざまな供養の形が生まれてきている。

「こもれびの 夫のとなりに 眠ろうか」

 チッチとサリーでおなじみの半世紀以上続いたベストセラー漫画『小さな恋のものがたり』を生み出した漫画家のみつはしちかこさん(80才)は、新緑がまぶしい雑木林のベンチに腰掛け、一句詠んだ。咽頭がんを患い、10年前に先立った最愛の夫は、この雑木林のクヌギの木の下に眠る。

「クヌギの木が大好きだった夫は、生前から“樹木葬がいい”と話していました。日当たりのよい山の斜面にあって、家からも近いし、ここなら夫が満足しそうだと思って即決しました。きっと天国で喜んでくれていると思います」(みつはしさん)

 樹木葬とは、許可を得た区画に遺骨を埋葬し、墓石などを設けずに花や木を墓碑として自然と共存する方法だ。みつはしさんは夫の隣に自分用の区画を購入しており、最期はそこで眠る予定だという。

 このように家族同士で隣り合って入るケースのほか、ペットと一緒に入れるタイプ、桜をシンボルツリーにしてその周辺に遺骨を埋める「桜葬」など、樹木葬にはさまざまな種類がある。費用も一般的な墓石の半額程度ですむケースが多い。みつはしさんは、「ここに来るたび、なんだかほっとする」と言う。

「お墓にはなんとなく暗くて怖いイメージが伴いますが、ここは真逆。近くのベンチでくつろいだり、丘の上から見える景色を楽しんだり、俳句をひねったり。行けば面白かった夫のいいところばかり思い出して、『ごめんね』と言おうと思って来たのに、なんだかそこらへんの木の下であの人がマスクもせずに大好きなビールを飲んでいるような気がしてきて、『また来るね』と言って帰ります」(みつはしさん)

 実際に樹木葬を選ぶ人は増えており、前出の「お墓の消費者全国実態調査」においてその割合は最も多い。同調査によれば次いで多いのが一般墓。追随するのは、遺骨を土に還さずに骨壺のまま収蔵する「納骨堂」だ。ロッカータイプが一般的だが、仏壇タイプやカードをかざすと遺骨が運ばれてくる、立体駐車場のようなシステムを導入しているところもある。相続・終活コンサルタントの明石久美さんが語る。

「土地の狭い都市部でも、納骨堂はつくりやすく多く収蔵できることから、急増しています。一定期間供養してくれる『永代供養』の墓のため、管理の必要もなく、家族に迷惑をかけずにすむと考えて選ぶ人も多い」

 永代供養の期限は三十三回忌までとされているケースが多い。納骨堂購入に伴う平均予算は約90万円。都市部の比較的交通の便のよい場所にあり、個別にお墓を建てるよりもかなり安価なことも大きなメリットとなっているようだ。

※女性セブン2021年5月20・27日号