北海道の太平洋沿岸を走るJR北海道日高線が4月1日、線路の大部分を廃止した。高波の被害を受け長らく運行を休止していたが、ついに復旧することなく、80年余り続いた歴史に区切りを付けた格好だ。災害が大きな要因ではあるが、海岸沿いに路線を持つ鉄道会社ならではの知られざる苦闘もあったという。鉄道ジャーナリストの梅原淳さんが解説する。

 * * *
 JR北海道は4月1日、日高線の約8割にあたる、116kmの鵡川(むかわ)〜様似(さまに)間を廃止した。この結果、日高線は苫小牧市の苫小牧駅と鵡川駅との間を結ぶ30.5kmの路線に短縮されることとなった。

 鵡川〜様似間の線路は、2015年1月に発生した暴風雪による高波の被害を受けて以来、運休となっていた。JR北海道は地元と協議のうえ、営業再開の道を探ったが、約86億円にものぼる復旧費用や、今後の維持に必要となる年間16億円余りの費用の負担割合で折り合いが付かず、再開を断念せざるを得なかった。運休中の2016年には、台風7、9、10、11号が追い打ちをかけるように日高線を襲い、既に被災していた線路がさらに傷ついてしまったことも復旧を果たせなかった理由の一つだ。

 約8割にもおよぶ線路が廃止されたことで、地元の利用者は不便を強いられることが想像される。だが、被災直前の1日当たりの運行本数は、様似駅方面が8本、鵡川駅方面が7本の計15本で、1本の列車に乗っていた利用者数の平均はわずか13人に過ぎなかった。収支状況も悪く、被災前の2014年度は8000万円の収入に対して11億円の赤字となっていたという。鉄道として存続させることは極めて難しい状況もあり、今回の廃止はやむを得ない結果とも言える。

 高波の被害に遭ったというくらいだから、鵡川〜様似間の多くの線路は海沿いに敷かれ、ほぼすべての区間で車窓から海が見えていた。特に鵡川駅から6駅目の厚賀(あつが)駅から大狩部(おおかりべ)、節婦(せっぷ)、新冠(にいかっぷ)、静内(しずない)の各駅を経て東静内駅に至る25.3kmや、東静内駅から9駅目の東町(ひがしちょう)駅から鵜苫(うとま)駅までの8.7kmは海岸線沿いに線路が敷かれていた。

 これらの区間での車窓からの眺めは素晴らしかったが、打ち寄せる太平洋の荒波は日高線に容赦なく襲いかかった。海岸浸食も極めて激しく、なかでも厚賀〜節婦間では1951年から1959年までのわずか8年間で97mも海岸線が後退したという。砂浜が失われ、線路を守る護岸壁にまで迫った荒波は、護岸壁の基礎となる土砂を削り取っていく。その削られ方は1年に5cmほどで、護岸壁が崩れないよう、JR北海道、そして前身の国鉄は護岸工事を重ねて必死に守ってきた。結果的に、JR北海道は自治体に代わり、浸水被害を防いできたとも言える。

「キハ130形」は腐食が進み13年で全て廃車に

 海沿いの地域にお住まいの方ならば、海水の浸入や塩分を大量に含んだ潮風がもたらす「塩害」の悪影響をご存じだろう。日高線でも塩害は過酷なものであった。1988年に新たに投入された「キハ130形」というディーゼルカーは、軽量化目的で車体に薄目の鋼板が用いられていたために、急激に腐食が進んだ。通常の鉄道車両であれば30年間は使用されるところ、使用開始から13年後の2001年までに全て廃車となったほどである。

 四方を海に囲まれている日本において、日高線のように荒波との戦いに明け暮れる鉄道は多い。激しい海岸浸食によって砂浜が失われ、海岸線が線路まで接近した区間としては、JR東日本常磐線の末続(すえつぐ)駅(福島県いわき市)と広野駅(同広野町)間や、新潟県の海岸沿いを走るえちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの市振(いちぶり)駅と親不知(おやしらず)駅間などが挙げられる。

 塩害は、海岸から数km以内に敷かれているすべての区間で発生すると言ってよい。JRグループの鉄道技術総合研究所の調査によると、北海道のオホーツク海沿い、そして北海道から新潟県にかけての日本海側の塩害が最もひどく、被害が最も深刻な「SS地域」として最大級の対策が鉄道会社に呼びかけられている。

 次に塩害が深刻なのは、新潟県から山口県にかけての日本海側で「S1地域」と名付けられた。それ以外の海沿いは「S2地域」と呼ばれ、塩害は前述の2つと比べれば緩いと思われがちだが、今回廃止となった日高線の沿線にS2地域が含まれていることを考えると、塩害の厳しさがどれほどか分かるだろう。

「自然災害と闘う鉄道」と言うと、とかく雪や大雨による災害が注目を浴びることが多いが、荒波や潮風がもたらす甚大な被害も忘れてはならないのだ。

【プロフィール】
梅原淳(うめはら・じゅん)/鉄道ジャーナリスト。大学卒業後、三井銀行(現在の三井住友銀行)入行。雑誌編集の道に転じ、月刊「鉄道ファン」編集部などを経て2000年に独立。現在は書籍の執筆や雑誌・Webメディアへの寄稿、講演などを中心に活動し、行政・自治体が実施する調査協力なども精力的に行う。近著に『新幹線を運行する技術 超過密ダイヤを安全に遂行する運用システムの秘密』がある。