人生、岐路に立って迷うときもあれば、何も起こらないことに焦るときもある。誰にとっても、山あり谷ありの毎日でも、転機は必ず訪れる。新たな一歩を踏み出すことで人生を変えたひとり、いとうまい子(56才)に話を聞いた。

 今年、芸能生活38年目を迎えたいとうは、現在、大学院の博士課程で抗老化学の研究を続けている。

「東京大学の健康栄養機能学研究室と共同で、抗老化効果のある食品成分を探す研究をしています。一部の食品には、たくさん摂っても、細胞自体に『摂っていない!』と勘違いさせるカロリー制限模倣物が含まれています。それを食べると、食事制限をしているのと同様、老化を遅らせるサーチュイン遺伝子の働きがオンになる。そうした成分を見つけるため、日々細胞を培養しています。超高齢化時代のいま、特定の食品やサプリメントを摂るだけで若さを保てるようになればいいですよね」(いとう・以下同)

 そう微笑む彼女が、この研究をしているのには理由がある。

「デビュー5年目くらいのとき、写真集で脱ぐという話になり、『話が違う』と、事務所を飛び出して独立したんです。芸能界の複雑な仕組みの中で難しい選択ではありましたが、納得できない限りは全力で頑張れない。かわいげがなかったんですね(笑い)。それでもこうしてお仕事ができているのは、番組の関係者や視聴者のかたがたがいてこそ。デビュー25年を過ぎたあたりから、恩返しがしたいと思うようになったのです。

 でも、高校を出てすぐ芸能界に入ったので、恩返しの方法がわからない。そこで、大学に行って土台となるものを構築しようと思いました。以前、文部科学省のお仕事でご一緒した教授が『日本には、まだ予防医学の大切さが浸透していない』と、おっしゃったのが頭の片隅にあったので、予防医学を学び始めることにしたのです」

 2010年、早稲田大学人間科学部健康福祉科学科のeスクール(※)に入学。

【※早稲田大学人間科学部eスクールは、キャンパスに通わず通信教育で受講できる仕組み。受験は書類審査と小論文、面接のAO入試形態】

「面接で、担当の教授から『あなたのような職業の人は、入ってもすぐにやめるから』と言われたんです。そのとき、絶対に4年で卒業してみせると決意しました。一般教養は、興味の有無に関係なく必須でした。しかし唯一、興味の深かった予防医学の講義だけは、2年間休まずに受講しました」

 だが、3年のゼミで専攻したのは、ロボット工学だった。

「入りたかった予防医学ゼミの教授が退官してしまって。そんなとき、キャンパスで会った学生が、『ロボット工学が人気だよ』と、教えてくれたんです。最初は、『ロボット関係は何の知識もないから無理ではないか?』と思いましたが、やってみることにしました」

博士課程の面接では専門的な質問に全部答える

 芸能界では、100%以上の力で頑張れるかどうかを基準に、自分で仕事を決めていた。

「でも、ロボット工学は50%以下。これまでの私ならやめておくところですが、大学での私はひよっ子ですから、『ここは素直に人の話を聞いてみよう』と思ったんです(笑い)」

 そこで「ロコモティブシンドローム」(※)が高齢化社会の日本にとって非常に重要なテーマであることを知り、大学院に進んで研究を続ける道に。そして、高齢者のスクワット支援ロボット『ロコピョン』を企業と共同で開発した。

【※ロコモティブシンドロームは、運動器の障害による運動能力が低下した状態で、要介護や寝たきりになるリスクがある】

「さらに博士課程へ進みたかったのですが、教授が博士課程の講座を持っていなかったので、2年間欠かさず受講した予防医学の教授に相談して専攻科目を変更しました。一般的に、博士課程で専攻科目を変更することはあり得ませんが、教授は私が前に進めるようサポートしてくださったのです。

 博士課程の面接では、『ロボット工学をやってきたあなたに、基礎老化学は難しいのでは?』と、専門的な質問をされましたが、2年間必死で勉強したので全部答えることができ、『そんなに勉強しているなら』と、入れていただけたのです」

 抗老化学の研究を進める一方、2019年にはAIベンチャー企業のフェロー(研究員)となり、ロコピョンの進化版を開発中でもある。

 このバイタリティーには驚くばかりだが、そこまでやり抜くモチベーションはどこにあるのだろうか?

「長く続けるためには、モチベーションを最優先事項にするのは、絶対にダメだと思っています。なぜかというと、何かを始めるとき、誰でも最初はやる気満々ですが、それはもって1週間。そして、嫌なことがあった、体調がすぐれないなどで気分は下がるばかりです。

 私はモチベーションに頼らずに、『月曜日は○○をやる、火曜日は○○』というようにスケジュールを立て、淡々と履行していきました。気分が乗らなくても、決まり事だからとにかくやる。この方法だと、たとえ薄〜い1ページでも、着実に積み重ねていけるんです」

人生をRPGだと思えば大抵のことはクリアできる

 そうはいっても、「今日は絶対にやりたくない」という日だってあったのでは……。

「ありますね! そんなときは、ひたすらアメリカの連続ドラマを見ます。見続けるうちに、さすがに『そろそろやろうか……』と、我に返るときがくるので(笑い)」

 学び直しの前後で、自分自身に変化があったという。

「できない言い訳をする前に『どうやったらできるだろう』と、解決策を考えるようになりました。初めの頃は、レポートの締め切りが迫ってくると『仕事が忙しい』『夫の具合が……』と、まず、出せない理由を考え始めていましたが、そのたびに『何のために大学に行ったの? 恩返しでしょ。言い訳を考えている時間があったらやりなさいよ』と、自分に言い聞かせていました。それが、あるときからゲーム感覚になってきた。

 ゲームって、やり続けることで経験値が上がり、武器を入手できるようになり、強くなって障害を乗り越えていきますよね。私もその域に達したら、今度は楽しくなってきたんです。壁が高ければ高いほど『よっしゃー!』と気合が入るんです。それは勉強だけではなく、仕事や人間関係も同じ。人生もロールプレイングゲームだと思えば、大抵のことはクリアできます」

 そんなふうに、好きなことを楽しくやっていたら、いつの間にか違う世界が広がっていっただけだ、と笑う。

「自分がこうしたい、と信念をもって突き進んだわけではないんです。10年前の自分には、いまの自分が想像できたかというと、まったく想像できませんでした。自分が考える未来なんてたかが知れているから、まずは一歩踏み出すこと。そして、少しでも歩みを続けていくその先に、知らない未来が待っているのではないでしょうか」

 まず一歩踏み出し、小さな目標をクリアしながら歩み続けていくことはできそうだ。

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号