ネットを中心に使われる言葉のひとつに「謝ったら死ぬ病」というものがある。これは、自分に非があることをわかっているにもかかわらず、己の正当性を延々と主張し、絶対に謝らない人たちを揶揄する言葉である。周囲の人たちは「さっさと謝っちゃえばラクなのに……」と思うのだが、当の本人はなぜか謝ることができない。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏(47)は、最近「スパッと謝って気がラクになった」という経験をしたという。中川氏が自身の体験をもとに、人間関係における謝罪の重要性を考察する。

 * * *
 先日、地元の会合でちょっとしたいざこざがありました。東京から友人がやってきたため、地元・唐津の人たちで迎えたのです。イカを釣ってそれを馴染みの料理店に持って行き、刺身やテンプラにしてもらいました。皆が笑顔で非常に楽しいひと時でした。

 その時のメンバーの中に、初対面だった地元の27歳のA氏もいました。会が盛り上がる中で、A氏のとある行動が私の勘に触り「この野郎、帰れ!」と怒鳴ってしまいました。

 原因はどうであれ、A氏は自分にとって初対面の人が多い中、20歳も年上の人間にこう言われたら従わざるを得ません。

 その後どうなったかといえば、お恥ずかしいことに私はとてつもない自己嫌悪に陥りました。若者のちょっとした粗相に対してなんであそこまで強い口調で怒ってしまったんだろうか。せいぜい「Aさん、それは辞めた方がいいよ〜(笑)」ぐらいで良かったんです。

 翌日、東京から来た別の友人に、その思いを伝えたところ、「中川さんがそんなに気にするんなら、こっちから謝った方がラクになるのでは?」と言われました。ただ、この段階では自己嫌悪感はあったものの「Aさんが悪いんだから、謝るのはAさんのほうだ。自分の怒りは正当である」と、自分の行為を肯定しようとしていました。

「謝ったら死ぬ病」ほど厄介なものはない

 しかしさすがに2日後になると「やっぱり大人げなかった。逆に私のほうこそAさんにキチンと謝らなくてはいけない」と思い始めます。あの場であれだけ怒鳴られた以上、向こうからは連絡しにくいでしょうし、せっかく出会ったばかりなのに今後の関係がなくなってしまうのはあまりに寂しい。そして、同氏に電話をしました。携帯電話の番号は知らないため、彼の職場に電話をしました。

私:こんにちは。一昨日はお越しいただきありがとうございました。
A氏:いえいえ、こちらこそ。
私:そして、あそこでキレてしまい本当に申し訳ありませんでした。我ながら愚かな行為だったと思います。ごめんなさい。
A氏:いえいえ、私の方も粗相がありました。
私:あれまでずっと楽しい時間だったのに本当にごめんなさい。
A氏:私も久々にああやって楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。
私:それで、キチンとお詫びをしたいので、近々サシでお会いしていただけませんでしょうか? お時間作っていただければ幸いです。
A氏:ぜひ、お願いします。

 なんだか若いA氏のほうがよっぽど大人の対応をしてくれました。こんな流れで、A氏のメールアドレスを聞いて、手打ちの食事会の日程を決定しました。そしてこの時点で、明らかに気分がスッキリしていることに気づきました。それまでの30時間ほどは、最初はA氏への怒りがあったものの、その後、自分の大人げなさを恥ずかしく思う気持ちが強まってきて、なんだかモヤモヤしながら、気分はドーンと落ち込んでいました。それがこの電話とメールにより、一気に吹き飛んだ。

 私のほうが非礼を侘びたいということでセッティングを申し出たということもあり、実際にA氏と食事する日は、礼儀として約束の時刻よりも先に店に入り、待っていました。

 そこへA氏がやってきた。まるで一日千秋の思いで恋人を待つかのような時間でしたが、A氏にはキチンと謝罪をしてそれを受け入れてくれたので、これにて解決。約1時間半、サクッと楽しく飲み食いをし、お別れをしたのでした。もしこの機会がなかったら、私は自分に非があったことから目を背けつつ、イライラしながら生活し続けていたことでしょう。

 私は過去に『謝罪大国ニッポン』(星海社新書)という本を書いたこともあり、謝罪のやり方についての連載を持ったこともあります。今回、謝罪まで30時間もかかってしまいましたが、謝罪はすぐにした方がいいと心から思った経験でした。当人同士でスパッと謝罪をすれば、お互いスッキリする。これが一番いい。今後、A氏とは釣りに行こう!といった話もしました。あらためて「謝ったら死ぬ病」ほど厄介なものはない、「謝ったほうが快適に生きていける」と感じ入った次第です。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、大手広告会社に入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。