「誰のおかげで飯が食えているんだ!」、「お前はバカなんだから黙っていろ!」──こんな言葉を日頃から夫に言われて、ストレスを抱えている妻がいたなら、それは完全に「モラハラ被害者」だ。そんな夫との関係を断ち、妻が自分の人生を取り戻すためには、どんな手段を取ったらいいのだろうか。

「モラハラはしている方に自覚がないことが多く、話し合っても改善しないケースがほとんど」というのは、離婚問題に詳しい弁護士の齋藤健博さん。そこで、「モラハラ離婚」の前準備としてやっておいた方がいい、いくつかのステップを紹介しよう。

【気づく】夫がいると緊張するのは末期症状

 モラハラ被害者の多くは、仕事や友達づきあいを制限されており、社会から隔離させられた生活をしていることが多い。そのため、他人と自分を比べられず、モラハラをされていることに気づいていないケースも。また、長年にわたり否定され続け、自信を喪失。自分で判断ができなくなっていることもあるという。横浜心理ケアセンター代表・椎名あつ子さんが指摘する。

「夫が帰ってくると緊張したり、体調が悪くなったりするなら、あなたはモラハラの被害者かも」

 気づいたときが、関係を変えるタイミングだと思って。

【味方をつくる】どんなときも味方になり、情報をリークしない人を

 モラハラ夫は世間体を気にするタイプが多いため、離婚となると、ごねて裁判まで進むケースが多い。ひとりで闘うには限界があるため、信頼できる人に相談を。独断で夫に離婚の旨を知らせるのはNGだ。準備を整え、他人の口から離婚を伝えるのがおすすめだ。夫婦だけの話し合いでは、夫に丸め込まれてしまう。

「親族や友達の中でも口が固い人を選び、かつて少しでも夫の肩を持ったことがある人は避けて」(齋藤さん)

 冷静な判断ができる弁護士や行政の窓口も活用を。

【貯金&働く】仕事で得られるのはお金と自信

 離婚にお金は必要不可欠だ。

「モラハラ離婚の場合、早く別れたいからと、財産分与などを放棄する人が多いのですが、婚姻中にできた資産は夫婦の共有財産。夫の収入の半分は自分のものだという意識を持ちましょう」(齋藤さん)

 離婚を切り出す前に夫に内緒で働き始めることも大切。

「自分のお金を持つメリットもありますが、社会の役に立つことで、夫の支配的言動で失った自信を取り戻すきっかけにもなります」(椎名さん)

 自信は、離婚を勝ち抜くための行動力も与えてくれる。

【覚悟を決める】夫の顔色を気にしない人生を具体的に思い描く

 離婚しなければ、経済的に守られるかもしれない。しかし、夫に支配され、顔色をうかがい続ける生活とセットであることを忘れてはいけない。「モラハラをされてつらい」と思ったら、覚悟を決めなくてはいけない。実はこれがいちばん大切なのだという。

「夫の支配下で長年生活していると、決断力がにぶり、自分の選択は間違っているのではないかと迷ってしまいがち。覚悟を決めるには、自由に楽しく生きている将来の自分を具体的に思い描くといいですよ」(椎名さん)

【病院に行く】適応障害やうつ病などの診断書は証拠にも

 モラハラ被害者は、ストレスから適応障害やうつ病などを患っていることが多い。

「自由を奪われ言葉の暴力で支配され続けていると、心身の状態が悪化します。自分では気づいていないケースが多いので、心療内科などで相談し、症状があるようなら必ず診断書をもらいましょう。これが離婚でもめたときの証拠にもなります」(齋藤さん)

 夫の名前を見ると動悸がする、食卓で夫が座る側の耳が聞こえにくくなるなどの症状が出る人も。しっかり治療することが大切だ。

 ここまで準備することで、「(モラハラの)証拠を集める」「別居」「離婚を切り出す」という次のステップに進むことができるだろう。

取材・文/前川亜紀 イラスト/たばやん

※女性セブン2020年8月12日号