新型コロナ緊急事態宣言下、無観客ではあるが、五輪のさまざまな競技で熱戦が繰り広げられている。日本選手のメダル獲得が連日ニュースを賑わせている一方で、新規感染者数は東京を中心に過去最多を更新するなど、多くの人にとってストレスフルな日々が続いている。その影響は、せっかくの夏休みに、自宅で過ごすことを強いられる子供たちにも及ぶ。2人の男児を育てる30代主婦に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
 夫とともに9歳、5歳の息子2人を育てる都内在住の専業主婦、佐藤千尋さん(仮名・38歳)は、子供たちに“自粛疲れ”が見られるようだと気になっているという。

「この1年以上、家族一丸となってステイホームを心掛けた生活を送っていました。特に子供たちには我慢をさせてばかりだったので、今年の夏休みは近場に旅行でも……と思っていたのですが、4度目の緊急事態宣言が発令。仕方がない事とは分かっているものの、家族4人とも気持ちがズーンと落ちてしまったのが本音です」(佐藤さん、以下同)

 佐藤さんは子供たちに事情を説明したものの、もはや危機感をあまり感じていない様子だったという。そして困ったことに、「外出自粛」を交換条件に、“おねだり”や“甘え”を見せ始めたそうだ。

「長男は『家にいなくちゃいけないんだったら新しいゲーム買ってよ』とか、『ステイホームだから習い事は行かなくていいね』と言い出したんです。次男も長男の真似をしてか、『ちゃんとステイホームするからお菓子ちょうだい』とか……。でも、特にお金が絡む要望には、少額であっても応えられません」

 子供たちの様子がおかしいと感じたことをきっかけに、家族で話し合いの場を設けたという佐藤さん。そこで分かったのは、子供たちなりに意見を持っていたことだった。

「子供たちが強く言っていたのは、『感染者数が増えているのに、テレビを見ると外出している人が多いように見える』でした。自分たちばかりが我慢を強いられていると思っていたようです。だから、『親に無茶なお願いをしたとしても、聞いてくれるはず』と考えたようです」

 佐藤さんの子供たちの小学校や幼稚園では、“密”になりやすい行事が軒並み中止。教室内ではではマスク着用が当たり前の生活が続く。給食は「黙食」のルールが課されることなども重なり、ストレスになっていたという。最近では、「また緊急事態宣言だから、どうせ外出できないんでしょ?」などの捨てゼリフも出るようになったそうだ。

「これは子供たちからのSOSだと感じ、人数制限を設けている室内施設に遊びに連れていきました。短時間ではありましたがリフレッシュできたようで、終始笑顔。新型コロナウイルスだけでなく熱中症にも注意しなくてはいけない時期ではありますが、感染対策を徹底して子育てに向き合っていきたいと思いました」

 長引く自粛生活に、大人だけでなく子供も疲労を感じている。ワクチン接種が進んではいるものの、東京を中心に到来した第5波のピークはまだ見えない。そうした中で自粛ストレスが子供たちの心身を蝕んでいないか、その兆候を早めに察知しておきたい。