牛丼、カレー、回転寿司……。今や日本中のどこにいても、多くの外食チェーンが展開しており、低価格で安心して食事を楽しむことができる。では、そうした外食チェーンはどのように生まれ、日本中に普及していったのか。以下、主なジャンル別の外食チェーンの歴史をまとめて振り返ってみよう。

【牛丼】“つゆだく”でうまさ倍増、いつの時代も庶民の味方

 1899(明治32)年、東京・日本橋の魚市場に誕生した『吉野家』は、1923(大正12)年の関東大震災により1926年に築地へ移転。1952年頃には24時間営業にも挑戦し、知名度を高めていく。「うまい、やすい、はやい」をモットーに、現在は全国に1183店舗を展開している。一方、2009年には『松屋』(1968年開店)、『すき家』(1986年開店)が牛丼並盛280円を打ち出し売り上げを伸ばすなど、いまもそれぞれ根強いファンを持つ。

【ピザ】宅配ピザの登場で、日本の出前文化が一気に加速

 1973年、アメリカ・カリフォルニア州から日本に上陸した『シェーキーズ』は東京・赤坂(現在は閉店)に1号店をオープン。サクッとしたアメリカンタイプのクリスピーピザやパスタなどの食べ放題(当時、平日ランチタイムで380円)が大いに人気を得た。また、1985年、『ドミノ・ピザ』が日本で初めて宅配ピザを販売。1987年には『ピザーラ』が登場し、デリバリーが一気に普及した。

【カレー】日本人のソウルフード、いまや世界中でヒット中

 喫茶店の出前メニューが好評を得て、1978年にカレーライス専門店として名古屋市郊外に開店した『カレーハウスCoCo壱番屋』。ご飯の量、辛さ、トッピングを客が選べる仕組みが評判となり、現在、国内に1241店舗、海外に187店舗を出店。オープン当時からの一番人気はカツカレー(現在はロースカツカレー)で、当時の値段は480円。トッピングはチーズが1位をいまも独走中。近年はライスの代わりにカリフラワーを利用した「低糖質カレー」など、新たな提案も行っている。

【ドーナツ】日本におけるスイーツ系ファストフードの代名詞

 1971年『ダンキンドーナツ』が東京・銀座に初出店。1971年大阪・箕面に開店した『ミスタードーナツ』1号店では、当時ドーナツ1個40円。初日は1時間に約4000個を販売し、全国に店舗を拡大していく。一方、ダンキンドーナツは1998年に日本から撤退。2006年東京・新宿サザンテラスに新登場した『クリスピー・クリーム・ドーナツ』では、当時並ぶと購入者はドーナツ1個をもらえたこともあり、連日長蛇の列ができた。近年日本独自の味も増えたドーナツには、コンビニも参入している。

【アイスクリーム】チョコレートミントの青い色、斬新な味も話題に

 1945年にアメリカで誕生した『バスキン ロビンス』。日本では1974年、東京・目黒に1号店が『サーティワン アイスクリーム』という名前でオープン(この店名は日本のみで、日本以外は『バスキン ロビンス』)。当時は対面でアイスクリームをすくうチェーン店はなく、果肉やマシュマロ、ナッツなどが入った32種類ものカラフルなフレーバーが客を驚かせ、「おなじみの味がやってきた」と、駐在の外国人も歓喜した。現在、国内には約1200店舗を構える。

【回転寿司】観劇、映画、そして回転寿司が、大阪の楽しみ方だった

 回転寿司の日本1号店は、1958年に誕生した『元祖 廻る元禄寿司』。工場のベルトコンベアをヒントに開発した旋回式食事台が、日本の寿司を大衆化した。高度経済成長期は誰もが忙しく、短時間で満腹になる回転寿司は“いらち(せっかち)”の大阪人気質にもマッチ。当時は1皿50円の明朗会計。安くて早い、目新しいと客が押し寄せた。1973年に自動給茶装置が開発されるまで、お茶もレーンを回っていた。

※女性セブン2021年9月23日号