コロナ禍で在宅時間が長くなる中、家事の負担が増えている。そうした中で、夫婦のちょっとした行き違いからトラブルが生じることもある。夫が妻を気遣ったつもりで「簡単なモノを作ってほしい」と言っても、夫婦で「簡単なモノ」に対する認識差から、いざこざが生まれしまうというのだ。そうしたリアルケースとともに、夫と妻の両者の言い分を紹介しよう。

「何でもいい」を避けたのに…

「『今日は適当でいいからさ、家にある簡単なモノで大丈夫』と、妻に言ったんです。私は気遣ったつもりだったのに、妻が機嫌を悪くしてしまって……困惑しました」

 そう振り返るのは、メーカーに勤める40代男性会社員・Aさんだ。小学生の子どもたち2人と家族4人で出かけて、夕飯の時間帯には少し早い17時頃に帰宅することになり、その時のことだった。

「スーパーに寄るのも大変だろうから、ありあわせの物でいいと思って、簡単なモノで大丈夫と言ったんです。妻は『何でもいい』というと不機嫌になることがあったので、『焼きそばや生姜焼きくらいならできそうかな』と提案もしました」(Aさん)

 ところが、妻から返ってきた言葉は、「牛丼を食べて帰ろうとか、テイクアウトしようとかとか言えないの?」という言葉だった。

「子どもたちが疲れている様子だったので、早く家に帰ってゆっくりしたいだろうと焦っていたんですね。確かに、妻の負担を考えなさすぎでした。反省しています」(Aさん)

 専門商社に勤める男性30代・Bさんは今夏、妻を不愉快にさせてしまった“そうめん事件”を明かしてくれた。その日、在宅勤務だったBさんは、出社日で帰宅した妻と顔を合わせるやいなや、お互い在宅勤務中のような感覚で言ってしまった言葉があった。

「『今日めちゃくちゃ暑いよね、そうめん(乾麺)買ってきたから夕飯はそれ作ってよ』と言ってしまたんです。そうめんなら手間がかからないだろうと思ったし、仕事もまだ残っていたので、軽い気持ちからでした」(Bさん)

 Bさんは妻から「暑い外から帰ってきたばかりなのに、涼みもしないうちにそうめんを茹でろって言うわけ? だったら茹でてくれてもいいんじゃないの?」と怒られてしまったという。Bさんは「配慮が足りなかった」と謝り倒し、今後気をつけると約束したという。

「簡単なモノ」夫の考えと妻の考えのズレ

 一方で、こうした言葉を夫から投げかけられる妻側はどう思っているのだろうか。PR業界に勤務する40代女性・Cさんは、こうした“簡単なモノ問題”について『あるあるです』と笑う。

「料理経験がない人に限って、お弁当で売っているようなモノほど簡単だと思ってしまう気がします。私の夫は、唐揚げやコロッケなど揚げ物系を簡単だと思っている節がありますよ(笑)。夏場だとママ友と話題になるのが、冷やし中華ですかね。卵、ハム、きゅうりなどをしっかり用意する必要がありますから、意外と手間がかかるんですよね」(Cさん)

 では、Cさんにとって「簡単なモノ」は具体的にどのようなメニューなのか、また夫にはどんな対応をしてもらいたいのか。

「レトルトカレーや冷凍物、カップラーメンとかじゃないですかね(笑)。もし、夫の言う“簡単なモノ”を作ってほしいなら、せめて『俺は何すればいいかな』という言葉だけで救われますし、疲れていても作る気になります。そういったフォローがないと、『簡単なら、自分で作れよ』と思ってしまいます」(Cさん)

 通信系企業に勤める30代女性・Dさんは、食事だけでなく「つまみ」も厄介だと言う。コロナ禍で外に飲みに行けなくなってから、夫がつまみを求めるようになったことに地味にストレスを感じているという。

「コロナ前は、お酒は外で済ませてきたのに、コロナ禍になってからは、夕食後、晩酌のタイミングで『おつまみ軽く作ってよ』と言われることも。夕食の時にお酒も飲んでくれればいいのに、食事中はあまり飲まないうえに、『食べながら飲むお酒と、お酒だけを楽しむのはまた別』と力説されました。面倒くさい……(笑)。

 そこで『自分だけが愉しむものは自分で用意するように』とお触れを出したら、今度はキッチンからいちいち『あれはどこ?』『これはどうしたら?』と毎回聞いてくるうえ、流しや収納を散らかす……。これを機会にキッチン教育をしてもいいのですが、それはそれでまたストレスが溜まりそうだし、自分がやったほうが早そうだし。このままではダメだとわかってはいるのですが、まだまだ時間がかかりそうです」(Cさん)

 家事をする夫が増えてきたとはいえ、まだまだ多数派とは言い難い。家事負担への理解が足りないと、何気ない発言で妻の“地雷”を踏んでしまうこともあるので、くれぐれも注意してほしい。