日々トレンドが移り変わっていくコンビニのお弁当。最近は小さいサイズのお弁当が増えているという。コンビニ事情に詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「コロナ禍でコンビニ弁当への需要も高まるなかで、バリエーションが求められるようになっているようです。ボリューム的に少なめのお弁当であれば、サラダや惣菜と一緒に買って、食事を少々豪華にすることもできますし」

 9月7日にはファミリーマートが「ファミマトクトク弁当シリーズ」という小さいサイズのお弁当の販売を開始した。『タルタル鶏天丼』と『直火焼チャーシュー丼』の2種類で、価格はいずれも356円。昨今の節約志向に対応した商品だ。

「ファミリーマートのお弁当は、他のコンビニに比べて“ガッツリ系”が多いイメージでした。揚げ物が主流で味付けも濃いめというお弁当が多かったなかで、この小サイズのお弁当はちょっと珍しい商品にも思えます。ただ、『タルタル鶏天丼』と『直火焼チャーシュー丼』という、こってり系のラインナップになっているのは、ファミリーマートらしいですね」(小浦氏)

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、ファミリーマートの『タルタル鶏天丼』と『直火焼チャーシュー丼』を実食した。

『タルタル鶏天丼』はガッツリ系

 まずは『タルタル鶏天丼』から。価格は356円で、カロリーは636kcal。重量を実測したところ308g(容器を除く)だった。

「小ぶりの鶏天が6個ご飯の上にのっていて、その上にタルタルソースがかかっています。また、ニラ入り卵そぼろと紅生姜もご飯の上にのっています。

 鶏天はとても柔らかくて、衣はフニャフニャ。タルタルソースの存在感が強く、味は結構濃いめですね。全体的なボリューム感は少ないものの、“ガッツリ系”なので、満足度は高いと思います」(記者A・以下同)

『タルタル鶏天丼』という名前だが、“丼もの”という感じはそれほどしないという。

「タレがご飯に染みていないので、鶏天とご飯の一体感はそこまで感じない人も多いかも知れません。ご飯の上に、鶏天とニラ入り卵そぼろの2つのおかずがのっているという感じ。のり弁に近い雰囲気だと思います」

『直火焼チャーシュー丼』は“丼もの感”が強い

『直火焼チャーシュー丼』の価格は356円、カロリーは496kcal。重さを計測したところ、270g(容器を除く)だった。

「2〜3cm角にカットされた小さいチャーシューに、甘めのタレがたっぷり絡んでいる丼です。チャーシューは脂身もしっかりあり、柔らかくておいしい。チャーシューのほかには、半分の味付け卵、高菜、紅生姜がのっています」

 こちらは『タルタル鶏天丼』に比べると“丼もの感”が強いという。

「タレがご飯にも絡んでいるので、チャーシュー丼を食べているという感覚がしっかりありますね。高菜とご飯の相性も抜群です。

 ただ、やはり甘めのタレについては、少々“味が濃い”と感じる人もいるかもしれないと思いました。全体的な量が少ないお弁当なので、味付けの部分で満足感を演出しているのだと思います。実際、後半はお腹いっぱいになってしまいました」

 この「ファミマトクトク弁当シリーズ」について、小浦氏が注目するのはカロリーだ。

「コンビニ弁当の多くが600〜800kcalくらいなんです。揚げ物が入っていない幕の内弁当であれば400〜500kcalくらいのものも珍しくない。そういう意味では『タルタル鶏天丼』の636kcalというのは、カロリーだけなら普通のお弁当とあまり変わらないということです。“カロリー単価”を考えれば、結構お得なお弁当であることは間違いないと思います」(小浦氏)

 低価格で満腹感を得るには、この「ファミマトクトク弁当シリーズ」はよい選択肢のひとつになるかもしれない。