新型コロナウイルス感染拡大「第5波」は全国でワクチン接種が進むなか、従来型より感染力が強いとされるデルタ株が猛威を振るった。10代以下の若年層で感染者が増えるなど、1年半以上続くコロナ禍は予断を許さない状況が続いている。コロナ禍で定着した各種オンラインサービスの充実など「新しい生活様式」は、今後も根付いていくのではないか。コロナ以降、オンラインで子供の習い事を始めたという30代の母親に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
 新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに注目を集め始めたオンライン化。その中でもパソコンやタブレット、スマートフォンを用いた「オンライン教育サービス」市場が注目を集めている。矢野経済研究所が行った調査によると、個人向け「eラーニング」の市場規模は、2021年度に2175億円に達すると予測されている。2016年度の1170億円と比較すると、5年で2倍近くまで伸びる予想だ。

 都内在住の化粧品メーカー勤務、里田ひかりさん(仮名・34歳)は、子供の習い事をどうするかで頭を悩ませていた。夫と5歳と1歳の娘の、4人家族で暮らしている。

「長女が3歳になった頃から、何かしら習い事をさせてあげたいと思っていました。しかし、毎週教室まで連れていく手間が大変だと感じていて……、ずっと保留にしていたんです。他のママ友は休日を利用して習い事に連れて行っているという話を聞くと、置いていかれている気持ちと、自分の不甲斐なさでいっぱいになった時期もありました」(里田さん、以下同)

 自宅で学習ワークや通信教材をやったこともあったそうだが、集中力は5分も持たず、途中からふざけてしまうとのこと。何度注意しても繰り返すので、里田さん自身も嫌気が差し、親子での自宅学習は早々にあきらめたという。ちょうどその頃、新型コロナウイルス感染拡大がきっかけでオンラインを使ったコンテンツが注目され始めたのだった。

「きっかけは友人のSNSで、『コロナ禍なので、幼児教室がオンラインになりました』の投稿を見て、オンラインでレッスンが受けられることを知りました。早速気になるオンラインレッスンをチェック、即入会しましたよ。これで習い事問題が解決すると思ったんですが……、私の考えが甘かったようです」

 里田さんが5歳の長女のために入会したのは、英会話とピアノと幼児教育。1歳の次女にはリトミックを選んだそうだ。月謝は4つのレッスンで月3万円弱。実際に教室へ通うことと比較すると、月謝は安く、交通費などはかからないものの、毎月の出費と考えると懐が痛いと嘆いていた。

「思い切って入会した習い事でしたが、娘たちが楽しそうに取り組んでいたのは最初だけでした。長女はオンラインレッスン中にパソコンを操作したがり、次女はお昼寝の時間と被っているのでグズグズ……。入会費を支払っているレッスンもあるので、簡単に辞めるわけにはいきません。先生からも『子供は気まぐれですからね』と励まされましたが、月謝も安くはないし、子どもたちが取り組まないならばやめたいのが本音です」

 里田さんの話を聞けば聞くほど、そのオンラインレッスンは退会したほうが良いように思えたが、やめられないのには別の理由があることが分かった。

「実はオンラインレッスンを始めたことをSNSに投稿したんです。友人からは『いいね!』をたくさんもらいました。それなのに僅か半年足らずでやめてしまうのは恥ずかしくて……。子供のこと、お金のこと……勝手にいろいろと想像されたら嫌ですし。もう少し頑張ってみようと思います」

 里田さんは夫からも「始めるなら子供の様子を見ながら決めたほうが良い」と指摘されていたそうだ。すぐにやめてしまうと、夫に何を言われるか分からないのも不安だと嘆いていた。

 我が子の能力を引き伸ばしたい思いから、習い事を検討する家庭は多いだろう。コロナ禍でオンラインレッスンを導入する習い事も増えており、従来よりも敷居が低く感じられるかもしれない。それでも、入会前に子供に適しているか、費用が家計を圧迫しないかなどを考えることは相変わらず大事なようだ。