freeeが約65億円の追加増資、LINE・三菱UFJ銀行と連携しSMB支援を強化

 freeeは、新たに約65億円の第三者割当増資を実施。「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションの実現に踏み出す。

 freeeはサービス提供開始から約5年で利用事業所数が100万を突破。金融機関やPOSレジなどとのサービス連携数は3,637件、パートナーシップを組む税理士・会計事務所数は5,390事務所にのぼる。2018年7月にはクラウド会計ソフトfreee上で「予算・実績管理」機能をリリースし、蓄積データの自動集約と可視化による経営意思決定のサポートが可能になった。

 freeeは今回、LINE、三菱UFJ銀行、ライフカードほか、国内外の複数機関投資家、事業会社を引受先とし、約65億円の第三者割当増資を実施すると発表した。創業以来の累積資金調達額は約161億円となる。

 今年7月、freeeは企業ミッションを「スモールビジネスを、世界の主役に。」に刷新。freeeは今後、新ミッションの実現に向け、LINEや三菱UFJ銀行との業務提携を行い、新サービスやプロダクト開発への投資を進める。

MONEYzine編集部[著]


MONEYzineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索