ウェルスナビ、預かり資産1800億円、24万口座を突破

 ロボアドバイザーを提供するウェルスナビの預かり資産が、10月16日時点で1800億円を突破。口座数も23万口座に達している。

 ウェルスナビは、2016年7月にロボアドバイザー「WealthNavi」を正式リリース。それから約3年3カ月となる2019年10月16日時点で、同サービスの預かり資産は1800億円、口座数は24万口座を突破した。

 またウェルスナビは10月16日、AI(人工知能)によるアドバイス機能を実装したと発表。同社は、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻・松尾豊教授の研究グループと、AIによる資産運用アドバイスについて共同研究を行っている。

 資産運用におけるAIは、これまでは投資対象となる銘柄の選択や値動きの予測が中心だが、今回実装したのは、顧客の長期投資をサポートするためのアドバイス機能。「長期・積立・分散」の資産運用を実現するために、長期投資に挫折しそうなケースにおいてAIを活用し、アドバイスを行う。 今後も機能の改良を重ね、顧客に一人ひとりに合った資産運用サービスを提供する。

MONEYzine編集部[著]


MONEYzineの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る