〈DS DS7 クロスバック〉フラッグシップに相応しい高級感と上質な走り【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

〈DS DS7 クロスバック〉フラッグシップに相応しい高級感と上質な走り【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

うれしい装備

「Grand Chic」系は後席電動リクライニングとセンターアームレストを標準装備。オートエアコンには後席の独立温度調整も備わり、快適性を向上している。

撮影車はオプションのパノラミックサンルーフを装備。電動シェードを開くだけでも明るい日差しが差し込み、開放的な室内空間を実現することができる。

「Grand Chic」系には赤外線カメラで夜間の歩行者を検知し、安全性を高めるDSナイトビジョンをオプション設定。

「Grand Chic」系は8つのエアバッグがマッサージ機能を果たすフロントマルチポイントランバーサポートを装備。

メーターの役割を果たすデジタルインストゥルメントパネルは4種類の画面表示から好みのものを選択することが可能。

4つのドライブモードを選択できるほか、好みの室内環境をメモリーしておけるDSセンソリアルドライブを装備。

ルームミラー左側のモニターに車両左前方の映像を表示することが可能。発進時に人や障害物がないかを確認できる。

センターコンソールには奥行きのある収納を装備。500㎖ペットボトルなども中に入れておくことができる。

ガソリンターボも低回転からトルクフル

「Grand Chic Pure Tech」は、プジョー・シトロエングループで長い実績を誇る1.6ℓ直4ガソリンターボを搭載。わずか1900rpmの低回転で300Nmの最大トルクを発揮し、排気量からは想像のつかない力強い加速性能を誇る。ミッションはスムーズな変速感が持ち味の8速AT。

DSアクティブLEDビジョンを搭載

左右3個ずつ内蔵されたLEDヘッドユニットを細かく制御して夜間走行時に最適な視界を確保するヘッドライト。停車時、市街地、郊外、高速道路の速度域に応じた4つのモードに加え、悪天候モード、オートハイビームと合計6つの配光モードを備える。

バイヤーズガイド

So Chic

Grand Chic BlueHDi

Grand Chic Pure Tech

新世代DSを全開で味わうなら最上級「Grand Chic BlueHDi」だが、それより手頃に「らしさ」を味わえる戦略グレードが「So Chic」のパッケージオプション装着車。これなら500万円を切る価格で自慢のアクティブスキャンサスペンションが味わえる。これにBRM反転時計が付けば意匠系の装備は完璧だが、そこは残念。

エンジンは2.0ℓ直4ディーゼルターボと1.6ℓ直4ガソリンターボの2種類。ディーゼルは装備内容の異なる2グレードから選択できるが、ガソリンエンジンは上級グレードに位置付けられる「Grand Chic」のみの設定となる。


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索