ジープ・ラングラーに210台の限定車「アンリミテッド・アルティテュード」が登場! 合わせて通常モデルの仕様変更を実施

ジープ・ラングラーに210台の限定車「アンリミテッド・アルティテュード」が登場! 合わせて通常モデルの仕様変更を実施

11月14日、FCAジャパンはジープの本格オフローダー「ラングラー」に、内外装をスタイリッシュに演出した限定車「アンリミテッド・アルティテュード」を設定し、11月23日より発売すると発表した。発売台数は210台限定で、税込車両価格は599万円だ。また、合わせて通常販売されているラングラー各モデルの仕様変更を実施した。

夏には断熱効果、冬には保温効果を発揮するハードトップヘッドライナーを装備

 限定車「アンリミテッド・アルティテュード」は、これまでジープの他モデルで好評だった「アルティテュード」が、現行ラングラーに初めて限定車として設定されたもの。ベースモデルは272psと400Nmを発揮する2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載する4ドアモデルの「アンリミテッド・サハラ」。

 グロスブラックをアクセントカラーに用いたフロントグリルとヘッドライトベゼル、18インチアルミホイールにより、エクステリアが精悍に演出されている。

 インテリアは、グロスブラックのダッシュボードベゼルや、モパー製ハードトップヘッドライナー、ブラックレザーシートに加えて、ダークグレーのステッチが随所にあしらわれ、上質感が高められている。モパー製ハードトップヘッドライナーは夏には断熱効果、冬には保温効果を発揮し、車内の快適性の向上にも寄与する。

 ボディカラーならびに販売台数は、ブライトホワイトC/Cが90台、グラナイトクリスタルメタリックC/C(内装色はいずれもブラック)は120台となっている。

 ラングラー通常モデルは、本国における年次改良と、国内におけるカスタマーのニーズを鑑みた仕様変更により進化を遂げたモデルが導入される。2ドアモデルは「スポーツ」の1グレード、4ドアモデルは「アンリミテッド・スポーツ」、「アンリミテッド・サハラ」、「アンリミテッド・ルビコン」の3グレードが設定。合計4グレード7仕様をラインアップし、モデルごとに仕様の見直しが行なわれた。

 「スポーツ」と「アンリミテッド・スポーツ」、には、新たにクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報とアダプティブクルーズコントロール(STOP機能付き)が標準装備。

 「アンリミテッド・スポーツ」は、エンジンが2.0L直列4気筒ターボから3.6LV型6気筒(284ps/347Nm)に変更。また限定車で好評だったボディカラー、ヘラヤライエローC/Cが新たにカタログモデルとして設定された。

 「アンリミテッド・サハラ」は、エンジンが2.0L直列4気筒ターボと3.6LV6の2種類から選べるようになったほか、レザーシートを標準装備。なお、ファブリックシート仕様も受注生産地なるが選択できる。

 「アンリミテッド・ルビコン」については、ボディカラーにヘラヤライエローC/Cが追加され、従来パンプキンオレンジまたはシルバーだったダッシュボードベゼルの色は、全モデルでレッドへと変更された。

●ジープ「ラングラー」モデルラインナップ

[3.6Lエンジン搭載車]
・スポーツ(2ドア):490万円(受注生産)
・アンリミテッド・スポーツ(4ドア):511万円
・アンリミテッド・サハラ(4ドア・ファブリックシート):561万円(受注生産)
・アンリミテッド・サハラ(4ドア):576万円
・アンリミテッド・ルビコン(4ドア):612万円

[2.0Lエンジン搭載車]
・アンリミテッド・サハラ(4ドア・ファブリックシート):575万円(受注生産)
・アンリミテッド・サハラ(4ドア):590万円
・アンリミテッド・アルティテュード(4ドア):599万円(限定車)

※車両価格は消費税込み


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る