2022年5月25日、ステランティスジャパンは、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック」に、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「DS3クロスバック BlueHDi」を追加導入し、販売を開始した。

グレードは最上級仕様となる「オペラ」を設定

DS3クロスバックは、フランスならではのデザイン、建築、ファッションにおける様式を踏まえたデザイン性と革新し続けるパリのものづくりの技と美学「サヴォア・フェール(SAVOIR FAIRE)」を特徴とするコンパクトラグジュアリーSUV。

今回そのラインナップに加わったDS3クロスバック BlueHDiは、最高出力130ps/最大トルク300Nmを発生する1.5L直4ディーゼルエンジンを搭載する。トランスミッションに8速ATが組み合わされて、燃費はプレミアムB-SUVセグメントでトップレベルの21.0km/L(WLTCモード)を実現。エコカー減税の対象であり、使用燃料が比較的安価な軽油であることから、優れた経済性を発揮する。

DS3クロスバック BlueHDiの日本仕様は、最上級グレードとなる「オペラ(OPERA)」のみの設定。装備はガソリンモデルのオペラと同様のフル装備となり、エクステリアにはクロームアクセント入りフロントグリル、インテリアでは上質なナッパレザーのシートやダッシュ&ドアトリムを標準装備する。

DS3クロスバックは、ディーゼルエンジン仕様の「BlueHDi」が加わったことにより、1.2L直3ピュアテックガソリン仕様、電気モーター車(E-TENSE/電気自動車)と、3つのパワーユニットを選ぶことができることになった。

車両価格は489万7000円。ボディカラーは、ブルーミレニアム、ブランパールナクレ、クリスタルパールのほか、受注生産でブランバンキーズ、グリアルタンス、ルージュルピを選ぶことができる。