2021年4月21日、第4世代にフルモデルチェンジされたアウディのプレミアムコンパクト「A3」シリーズが日本デビューを果たした。それぞれのディテールを写真で紹介しよう。

日本導入記念の「1st エディション」も限定で登場

1996年にデビューした初代が「プレミアム コンパクト」という新たなジャンルのパイオニアとなり、多くのプレミアム ブランドがコンパクトカー市場へ参入する呼び水となったアウディ A3。4代目にフルモデルチェンジされた日本仕様は、A3スポーツバック、A3セダン、そして高性能バージョンのS3(スポーツバック&セダン)が同時に発表された。

従来型より少しサイズアップしたボディはエッジの効いたスポーティなデザインで、凹面形状のドアパネルも特徴的。インテリアはドライバーオリエンテッドなコクピットで、リサイクル素材も多用している。

パワートレーンは、A3が1L 直3ターボと2L 直4ターボ、S3は2L 直4ターボのハイパワー版を搭載。1LはFFだが、2L搭載車は4WD(クワトロ)と組み合わされる。トランスミッションは、いずれも7速DCT。

ここで紹介しているモデルは、いずれも新型導入記念の「1st エディション」。A3はスポーツバックが375台、セダンが125台、S3はスポーツバックのみで125台の限定となっている。(写真:井上雅行)

●アウディ A3スポーツバック 1st エディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4345×1815×1450mm<4495×1815×1425mm>
●ホイールベース:2635mm
●車両重量:1320kg<1330kg>
●エンジン:直3 DOHCターボ
●総排気量:999cc
●最高出力:81kW(110ps)/5500rpm
●最大トルク:200Nm(20.4kgm)/2000−3000rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:プレミアム・47L
●WLTCモード燃費:17.9km/L
●タイヤサイズ:225/40R18
●車両価格(税込):453万円<472万円>

●アウディ S3スポーツバック 1st エディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4350×1815×1440mm
●ホイールベース:2630mm
●車両重量:1560kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1984cc
●最高出力:228kW(310ps)/5450-6500rpm
●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000-5450rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:フロント横置き4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・56L
●WLTCモード燃費:11.6km/L
●タイヤサイズ:235/35R19
●車両価格(税込):711万円