2021年2月24日、グループPSAジャパンはプジョーの人気コンパクトカー「208/e-208」の一部仕様変更、WLTCモード燃費向上などの改良を行い、正規ディーラーで販売を開始した。

ガソリンエンジンのWLTCモード燃費5%向上と一部仕様変更

プジョー208 / e-208は、欧州カー・オブ・ザ・イヤー、日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、国内外で人気のコンパクトカー。今回の仕様変更は、ガソリンエンジンの燃費向上、各グレードでの装備追加、グレード名変更など多岐にわたる。

1.2L 直3ガソリンターボエンジンの燃費向上は、WLTCモード燃費で5%アップ(17.9km/L、旧数値は17.0km/L)し、排ガス基準四つ星レベル(50%低減認定車)を取得。これによりエコカー減税の対象となったのがポイント。

各グレードの仕様変更は、最上級グレードのGT Lineが「GT」へと呼称が変わり、車体各部のエンブレムをGTに変更、208 GTの17インチアロイホイールのカラーをダークグレーに変更したほか(e-208 GTのホイール変更なし)、フロントシートヒーターを標準装備とした。

また、スタイル(受注生産モデル)のヘッドライトがLEDとなり、ホイールも16インチアロイホイール(グレー)となった。

プジョー208/e-208 ラインアップ

208スタイル:249万9000円
208アリュール:262万9000円
208GT:299万9000円
e-208アリュール:389万9000円
e-208GT:426万円
※いずれも税込み