「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、ポルシェ 911GT2 RSだ。

ポルシェ 911GT2 RS(2010年)

ポルシェ 911の歴史の中で「最強・最速」の座を誇ってきた(編集部註:2010年当時)のは、2007年秋にリリースされた997型のGT2だ。0→100km/h加速が3.7秒で、最高速は329km/h。530psという強大な最高出力に最大トルクも680Nmというスペックは「911の皮をかぶったスーパーカー」といっても過言ではなかった。だが、その上を目指して、世界限定500台で「911 GT2 RS」が販売される。

レン シュポルト=レーシング スポーツを意味する「RS」と名の付くものは、ポルシェ車の中にあってもサーキット走行を強く意識した特別なモデルと相場は決まっているが、実はこのGT2 RSの場合は、意外にも出場可能なレースカテゴリーが存在しない。にもかかわらずポルシェがこうしたモデルをリリースしたのは、前出のGT2のリリース直後、100kgの軽量化を行い、エンジン出力を560psにまで上げた試作車のフィーリングが、「RSを名乗るのにピッタリ」というものだったからと言う。

ちなみに、その試作車でのニュルブルクリンク旧コースのラップタイムは、ベース車両マイナス3秒の7分29秒。この値が、日産 スカイラインGT-R(R33)が盛んにアピールした数字と同一なのは、単なる偶然であろうか・・・。

そんな試作車の市販バージョンとして生まれたGT2 RSで、まず手がつけられたのが軽量化だ。カーボンファイバー樹脂製のフロントフードや、ポリカーボネート製のリア/リアサイドウインドーの採用、エンジン フライホイールのシングルマス化などにより、GT2よりも70kgの軽量化が達成されている。

エンジンの最高出力はGT2よりも90psアップ。インタークーラーの効率アップや、それを前提とした最大過給圧のアップ(1.4→1.6バール)で達成した620psという値は、あの[スーパーポルシェ「カレラGT」]用10気筒ユニットの612psさえ凌いでいる。

あいにくのウエット走行でも実力の片鱗を見せた

そんなGT2 RSを試乗したのは、ポルシェの本拠地からもさほど離れてはいない、ドイツ南部の温泉保養地バーデン・バーデン周辺。だが、試乗当日はあいにくの雨。それでも最近はこうしたモデルでも、スタビリティコントロールやトラクションコントロールが標準装備なのが慰めではある。

実際、70kgの軽量化も620psというターボパワーも、そしてドライサーキット路面に照準を合わせた浅溝タイヤも、このコンディションでは仇となる。何しろ、ブースト計の数値が0.4バールを超えたら、もうホイールスピンに注意しなければならない。6速ギアでアウトバーンを走行中、アクセルペダルを床まで踏み込み、メーターが1.6バールを示した瞬間、ホイールスピンの気配を感じたと言えば、その凄さが分かってもらえるだろうか。

結局、雨の公道上ではそのポテンシャルの一部を垣間見たに過ぎなかったが、そうして簡単には手の内は見せないのも、スーパーカーのスーパーたる部分なのかも知れない。

ポルシェのターボパワーをよりイージーに楽しみたいのならば、普通の911ターボがあるし、よりハードコアなテイストを味わいたいのならば911GT2が好適だろう。しかし、その先、未知の領域へと踏み込んでみたいのならば、こんな特別なモデルもあります・・・と、ニュルのラップタイムが驚愕の7分18秒というこのGT2 RSからは、そんなメッセージも聞こえてくる気がする。

●■ポルシェ 911GT2 RS(欧州仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4469×1852×1285mm
●ホイールベース:2350mm
●車両重量:1370kg
●エンジン形式:水平対向6 DOHC ツインターボ
●排気量:3600cc
●最高出力:456kW<620ps>/6500rpm
●最大トルク:700Nm<71.4kgm>/2250-5500rpm
●駆動方式:RR
●トランスミッション:6速MT
●最高速度:330km/h
●0→100km/h加速:3.5秒
●EU総合燃費:8.4km/L