おうちで“好きな時に好きなデバイスで観られる”動画配信(VOD)サービスNetflix。映画やドラマ、ドキュメンタリーまで、オリジナルコンテンツを多数そろえた豊富なラインナップの中から、1月に配信スタートとなる注目作をご紹介!

■人気シリーズの関連作が続々登場!
人気作品のその後を描くスピンオフやリブートドラマなど、数多くの関連作を生みだしているNetflix。その中でも、いま最も高い人気を集めている作品のひとつが「ベスト・キッド」シリーズのその後を描くドラマ「コブラ会」。そのシーズン3が配信されている。

34年前にダニエルに負け、現在は惨めな生活を送るジョニーが、あるいじめられっ子を助け、彼に空手を叩き込むために空手道場「コブラ会」を再興するところから幕を開ける本作。ダニエルもジョニーに負けじとミヤギ道空手道場を復活させると、コブラ会とミヤギ道、二つの道場の子どもたちが激突するようになり、ある悲劇を生んでしまう。子どもたちの乱闘によって大きく変わることになる師匠と弟子たちの関係を描いていくシーズン3。映画シリーズの懐かしい顔も多数登場しているのもうれしいポイントだ。

26日(火)からスタートとなるのが「スノーピアサー」のシーズン2。フランスのバンドデシネをポン・ジュノ監督が映像化した同名映画のドラマ版で、ジュノも製作総指揮として名を連ねている。

氷河期となった地球を走り続ける“ノアの方舟”列車スノーピアサーを舞台に、劣悪な環境の中で暮らす最後尾の貧困層たちが革命を起こそうと前方の車両へと突き進んでいく物語。1001両にもおよぶ巨大列車という映画よりもはるかに壮大なスケールとなる本作は、シーズン1のラスト2話で衝撃的な展開が描かれた。シーズン2では新たな権力闘争が題材となるようで、こちらも先が楽しみな1作だ。

22日(金)からは「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」のシーズン2が配信開始となる。「ジュラシック・パーク」シリーズのアニメ版で、最先端の科学が作り上げたイスラ・ヌブラル島でのキャンプに参加したティーンエイジャーたちが、暴走する恐竜たちから必死に逃れようとする姿が描かれる。

同じく22日から開始となる「ウィンクス・サーガ: 宿命」は、イタリア発の人気アニメ「ウィンクス・クラブ」が原作のドラマシリーズ。魔法を教える寄宿学校を舞台に、魔法の習得や恋の競争、そして恐るべきモンスターとの戦いと、忙しい日々を送る5人の妖精たちの青春模様が綴られていく。

■第一線で活躍する女優たちの名演に心打たれる人間ドラマ

1月は、実力派女優たちが出演するオリジナル映画が多数配信される。29日(金)から見ることができるのが、『わたしを離さないで』(10)などのキャリー・マリガンが主演を務め、「ハリー・ポッター」シリーズのレイフ・ファインズと共演する『時の面影』だ。

第二次世界大戦が迫るイギリス、ある裕福な未亡人エディスは自身の土地にあると思われる墳丘墓を発掘するため、アマチュア考古学者のバジルを雇う。そこには歴史を変える大発見が眠っており、戦争にのみ込まれそうなイギリスの地に意義をもたらしていく…という、実話ベースの物語が展開する。

27日(水)から配信される『ペンギンが教えてくれたこと』もまた、実話に基づく人間ドラマ。旅行先の事故で妻サムが半身不随になってしまったブルーム一家が、ケガをした1羽の鳥の世話を通して、生きる希望を見いだしていくストーリーだ。

主人公のサムを『インポッシブル』(12)などのナオミ・ワッツが演じ、その夫キャメロンを「ウォーキング・デッド」シリーズのリック役で知られるアンドリュー・リンカーンが、そのほか『アニマル・キングダム』(10)のジャッキー・ウィーヴァーら実力者が脇を固める。

また、7日から配信されている『私というパズル』は、マーティン・スコセッシが製作総指揮を、『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』(14)で第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリを獲得したコーネル・ムンドルッツォが監督を務める人間ドラマ。自宅での出産を試みたものの、不運な事故により死産に終わり心に傷を負った女性が、自己を取り戻していく姿を描く。

主人公のマーサを『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(18)のヴァネッサ・カービーが演じており、本作の演技でベネチア国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞。マーサの夫役には「トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフが名を連ねている。

■今年も楽しみたい韓国産のコンテンツたち!

昨年、すさまじい飛躍を遂げた韓国作品たちの勢いは2021年に入っても止まらない。韓流ブームの火付け役となったアカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』(19)が通常版に加え、モノクロ版でも1月から配信中。またドラマでは「愛の不時着」と「梨泰院クラス」の2大タイトルの日本語吹替版も配信されている。

23日(土)からは、ソンフン、イ・テゴンらが出演の新ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」がスタート。成功を収め忙しい日々を送る3人の女性に突如訪れた不幸により、結婚生活が不協和音を奏でていくというストーリーになっているようだ。

31日(日)から配信開始の「悪霊狩猟団: カウンターズ」は、チョ・ビョンギュや人気ガールズグループgugudanのセジョンが共演するドラマシリーズ。昼はククス麺屋の店員として働く悪霊ハンターたちが、“カウンター”という特殊能力を駆使して悪霊たちを追跡していくという、ウェブコミックを原作としたファンタジーだ。

緊急事態宣言が再発令され、なかなか外出できない日が続くが、これらのNetflix作品をチェックして自宅での時間を充実させてほしい。

文/サンクレイオ翼