行成薫による同名小説を映画化した『名も無き世界のエンドロール』(1月29日公開)の“縁結び”大ヒット祈願イベントが1月19日に神田明神で開催され、岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督が登壇。岩田が「絆」という想いを書にしてしたため、その達筆ぶりに新田が「すごい上手!」と感嘆の声を上げた。

本作は、強い絆で結ばれた幼なじみの2人が、10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会でのしあがり、日本中を巻き込む壮大な計画に挑むサスペンス・エンタテインメント。イベント冒頭、登壇者と報道陣の前で書をしたためた岩田。「めちゃくちゃ緊張しました」と言いながらも力強い「絆」との文字を披露すると、会場からも大きな拍手が上がり、さらに「練習なしのぶっつけ本番」で、習字を習ったこともないと話すと、周囲も「ええ!」と驚きを隠せなかった。

岩田は「キャスト、スタッフみんなで話し合って、文字を決めた。この作品の一つの大きなテーマが、人と人のつながり、絆。この作品を一言で表すなら、この文字しかないだろうと思った」と「絆」を書いた理由を語る。筆を進める岩田の印象を聞かれた新田は「ものすごいかっこよかった!」と笑顔を見せ、文字についても「すっごい上手。習われているのかと思った。びっくり。すばらしい」と大絶賛。岩田が「ありがとうございます。照れくさいな」と照れ笑いを浮かべるなか、佐藤監督も「岩ちゃんは、もっと繊細で細い字を書くのかと思った。男らしく、太く、勢いのある書を書いていただいたので、僕もびっくりしました」と惚れ惚れとしていた。

初共演にして、幼なじみ役を演じた岩田と新田。新田は「数年前に、(日本)アカデミー賞の新人賞を岩田さんと同じ年に獲った。こういう映画で共演できて、ご縁を感じました」としみじみ。さらに「テレビで見ていた、王子様そのままでした」と岩田の印象を明かし、「お話させていただくにつれ、お兄ちゃんのような存在になった」と親しみを込めて語っていた。

一方の岩田は「初共演ということもあって、年齢もちょっと離れているので、まっけんとどのようにコミュニケーションをとって、どんな風に現場に入って行こうかなと考えていた。まったくそれは杞憂だった」と話し、「初日から意気投合して、スムーズに撮影が進んでいった現場」と述懐。「頼もしかったですし、やりやすかった。僕も人懐っこい弟みたいに思えた。そういう絆をこの作品で生むことができたのがうれしかった」と相思相愛の様子を見せていた。

取材・文/成田おり枝