『新解釈・三國志』(公開中)などで活躍のムロツヨシが今秋公開の『マイ・ダディ』で映画初主演を飾ることがわかった。あわせてムロのコメントも到着した。

本作は、カルチュア・エンタテインメントと蔦屋書店が主催する映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」発の作品。2016年に準グランプリを受賞した企画「ファインディング・ダディ」の映画化となる。ムロは妻を早くに亡くし、中学生の娘とつつましくも幸せな毎日を送る牧師の御堂一男に扮する。ドラマ「猫」の監督&脚本を手掛けた金井純一のメガホンで、最愛の娘の病気に翻弄されながらも抗おうとする父親の姿が描かれる。

ムロはコメントで「この物語の父になりたいと思いました。この役というより、この父になりたいと」と、台本を読んですぐに出演を熱望したことを明かす。また金井監督は「ムロさんのお人柄もあり、とてもいい緊張感の中で撮影ができました」と撮影を振り返っている。

“愛”をテーマとする今作で、ムロはどんな魅力的な演技で“なりたいと思った”父親になりきるのか? 4年の歳月をかけてじっくり準備された本作の公開を楽しみに待ちたい。

<キャスト・スタッフコメント>

●ムロツヨシ(御堂一男役)

「この物語の父になりたいと思いました。この役というより、この父になりたいと。こういう話があるんだけど、と渡された台本。2時間後に『やらせてください』と連絡していました。それから数年かかってしまって、なんちゃらウィルスのため撮影も延期。それでもここで、この映画制作のお知らせができることに、ただただ喜んでいます。この父をやりきってきました。どうか、どうか、覚えておいてください。そして観たいという期待を持ってください」

●金井純一(監督・共同脚本)

「人々の心を動かす映画を作るためには、俳優とタッグを組むことが不可欠だと思っています。今回、ムロツヨシさんとタッグを組ませていただきました。しかもムロさんにとって、この作品が映画初主演となる。この映画だけは、絶対に失敗できない。監督として尋常じゃないプレッシャーのもと、撮影に臨みました…と言いたいところですが、ムロさんのお人柄もあり、とてもいい緊張感の中で撮影ができました。映画のテーマは『愛』。脚本に4年以上かけました。最高のキャスト・スタッフで、最高の映画ができました。映画の中に、今まで見たことのないムロさんがいます。だいぶハードルを上げていますが、それを超えていける映画だと思います。『マイ・ダディ』ぜひ、期待して待っていてください」

●遠山大輔 (プロデューサー)

「本作は金井監督がTSUTAYA CREATORS’ PROGRAMに応募してから4年の歳月を掛けて、じっくりと温めていった企画をムロツヨシさんが自身の初主演作品としたいと熱く応えてくださり、素晴らしいスタッフ・キャストも集まって、すべてのピースがはまっていよいよクランクイン、というところでコロナ第一波に襲われ、苦渋の決断で撮影を延期いたしました。皆の喪失感は大きかったと思います。しかし、そこで心折れることなく、結集した熱い想いを紡ぎ、万全の安全対策をとって、誰一人体調不良も事故もなく撮りきることができました。誰もが大変な想いをされている中ではありますが、本作を通じて少しでも元気に明るい気持ちになっていただける作品になっていると思います。皆様にご覧いただける日を楽しみにしています」

●村上公一(プロデューサー)

「ムロさんとは、彼の映画初出演作『サマータイムマシン・ブルース』でご一緒して以来15年を越えるお付き合いですが、2019年のさぬき映画祭で久しぶりにお会いしました。僕は刷り上がったばかりの『マイ・ダディ』の台本を持って、この作品を映画初主演作に考えて欲しいという旨を伝え、その台本をムロさんに渡して別れました。東京に戻った直後、ムロさんから『ぜひやりたい』と連絡を頂いたときから、この作品が動き出しました。生死という難しい題材を扱った脚本なので、映画自体のトーンがシリアスになりすぎる危うさを孕んでいました。でもストレスフルなこんな時代だから、自分が観客なら映画館で堅苦しいものは見たくないと思いました。ユーモアを含んだ上質な物語にこの映画を仕立てるため、一男役には、シリアスさと笑いをバランス良く演じてもらえる俳優が必要でした。ムロツヨシという俳優しか僕の頭には浮かびませんでした。喜劇のイメージが強いムロさんですが、今作で見せる表情は俳優・ムロツヨシの新たな魅力として見る人の心に訴えかけるでしょう。もちろん、いつものムロさんにもご期待ください。ただし今までとは少し違った見せ方をしていますので、楽しみにしていて欲しいです」

文/足立美由紀