映画『さんかく窓の外側は夜』(1月22日公開)の公開前夜祭イベントが1月21日に丸の内ピカデリーで開催され、岡田将生、志尊淳、平手友梨奈、森ガキ侑大監督が登壇。本作への愛を語った岡田、志尊、平手が早くも続編を希望した。

本作は、霊を祓える男の冷川(岡田)と、霊が視える男の三角(志尊)が、“除霊”という特殊能力を使って怪奇事件の解決へ挑む、新感覚のミステリー。岡田は「この役を演じられて本当によかった。淳くんでよかった」と志尊を見つめ、これには志尊が「口説かれていますか?」と照れ笑い。岡田は「これ(アクリル板)がなかったら抱きしめたい」と笑顔で語った。

これまでの宣伝活動では岡田、志尊、平手の仲の良さが伝えられてきたが、岡田は「北川景子さんがこの映画に出演している。やっぱり北川さんとの共演が一番、楽しかったのかな」と平手に問いかけ、志尊も「メイキングを見たら、すごい『わー!』と見たことない顔をしていた」と北川との共演に喜ぶ平手の顔を目にしたそうで、少々嫉妬まじりに岡田も「なるほど、はいはい…と思いました」とポツリ。平手は「少しのシーンだったんですが、本当に共演できてよかった」、さらに「すごくうれしい」と素直な胸の内を明かしていた。

劇中で「運命」という言葉が印象的に登場することから、「運命を感じた経験」を聞かれた一同。志尊は「俳優を10年やらせていただいて、本作は自分にとってものすごく深いところで感じられた作品。胸を張って、この映画に出会えたのは運命だと言える」と力強く語り、「たくさんの方に届いて、続きがあったらうれしいなという思いもある」と希望。「こればかりは僕らで決められないからね」と続けると、岡田は「決められるよ。やるもん」と語り、会場から大きな拍手が上がる。志尊が「やりたいでしょ?」と話を向けられた平手も、「え?私たちで決められるんですか?やれるのであれば、ありがたい」と望んでいた。

またこの日は、森ガキ監督から心のこもった手紙が読み上げられた。岡田は「監督の現場には愛があふれている。森ガキ監督とお仕事ができたのがうれしい」と目を細めた。「最近は心も体も乾いてきてしまって、潤いがほしいなと思っていて。いま、そういう生活をされている方が、この日本にはたくさんいると思う。監督の手紙を聞いて、潤った。人の言葉の温かみというのはすてきだなと思いました」と語り、「泣きそうになってしまいました」としみじみ。森ガキ監督から「岡田くん、志尊くんが“てち”と呼び合っているのを指をくわえてうらやましく見ていた。今日は初めて言わせてください。てち、この映画を選んでくれてありがとう」とメッセージを送られた平手は照れ笑いを浮かべ、「監督から“てち”と言われてうれしかったです」と感謝していた。

取材・文/成田おり枝