自閉症の日本人作家・東田直樹の著書を基にしたドキュメンタリー『僕が跳びはねる理由』。イギリスで制作され、第36回サンダンス映画祭ワールド・シネマ・ドキュメンタリーコンペティション部門で観客賞受賞した同作が、このたび4月2日(金)より日本公開されることになりポスタービジュアルが解禁された。

本作の原作は、東田が13歳の時に執筆した「自閉症の僕が跳びはねる理由」。いままで理解されにくかった自閉症者の内面の感情や思考、記憶を分かりやすい言葉で伝えた内容が大きな注目と感動を呼び、現在30か国以上で出版され117万部超のベストセラーとなっている。

同書をもとに描がれた『僕が跳びはねる理由』は驚きと感動の“体感”ドキュメンタリー。世界各地の5人の自閉症の少年少女やその家族が登場し、証言を通して彼らの目に映る世界を追う。また、斬新な映像表現や音響効果が駆使され、彼らが見て感じる世界を垣間見ることができる。

解禁されたポスターは「みんな同じ空の下、“普通”の君と自閉症の僕との未来はきっとつながる」というキャッチコピーとともに、青空を背にする少年の姿を切り取ったもの。躍動感のあるビジュアルが、自由と希望を感じさせる仕上がりに。

映画化への足掛かりとなった原作の翻訳本「The Reason I Jump」を手掛けたイギリス人作家のデイヴィッド・ミッチェルは、「東田直樹の『自閉症の僕が跳びはねる理由』がそうであるように、この映画は“普通とは何か?”という抽象的な疑問を改めて我々に問いかけている。自閉症と自閉症ではない人たちの世界を繋ぐ架け橋となる、優しい革命的な作品だ」とコメントを寄せている。

日本人の少年が紡いだ言葉が海を越え、世界中の自閉症者やその親たちに希望を与え続けている。本作を観て、“普通”や“個性”についていま一度考えてみたい。

文/足立美由紀