カンヌ国際映画祭より長い歴史を有し、国内でも権威ある映画賞として知られる「第75回毎日映画コンクール」(主催:毎日新聞社 スポーツニッポン新聞社)。その日本映画大賞に大森立嗣監督、長澤まさみ主演の『MOTHER マザー』が選ばれた。

2020年1月1日〜12月31日までに国内で14日間以上、有料で劇場公開された作品より選出された今回の同コンクールでは、日本映画優秀賞を『アンダードッグ』(20)が受賞。同作は男優主演賞の森山未來、撮影賞の西村博光、録音賞の藤丸和徳、瀬川徹夫とあわせて今回最多となる4冠に輝いた。

女優主演賞は『喜劇 愛妻物語』(19)の水川あさみ、男優助演賞は『罪の声』(20)の宇野祥平、女優助演賞は『朝が来る』(20)の蒔田彩珠がそれぞれ受賞。『朝が来る』は河瀬直美が監督賞を受賞しており2冠を獲得した。

またアニメーション映画賞には『魔女見習いをさがして』(20)が選出されたほか、外国映画ベストワン賞は『パラサイト 半地下の家族』(19)が選ばれた。さらに、昨年逝去した大林宣彦監督夫人で映画プロデューサーの大林恭子に特別賞が贈られることも発表されている。

なお「第75回毎日映画コンクール」表彰式は2月17日(水)に、めぐろパーシモンホールでに開催予定。コロナ渦で苦境に立たされる映画エンタメ界においても人々の心に響く作品を届けたスタッフ、キャストからどんな思いが発信されるのか?注目したい。

文/サンクレイオ翼