「週刊少年マガジン」で連載中のコミック「東京卍リベンジャーズ」。「新宿スワン」の和久井健が紡ぎだす熱い物語にハマる読者が続出し、現在累計発行部数は1000万部を超える。『あさひなぐ』(17)や『映画 賭ケグルイ』(19)、『映像研には手を出すな!』(20)の英勉監督がメガホンを取り、最旬俳優を迎えての映画化が発表されて以降、新情報が解禁されるたびに話題に。

本作の主人公はどん底のヘタレ男子、タケミチ(北村匠海)。ある日、関東最凶の不良軍団“東京卍會”によって、学生時代に付き合っていた橘ヒナタ(今田美桜)と、彼女の弟ナオト(杉野遥亮)が殺されたことを知ったタケミチは、その翌日、線路に転落したはずみに10年前にタイムリープしてしまう。あることがきっかけで未来を変えることに成功したタケミチは、ヒナタを救うため、そして逃げ続けた自身の人生を変えるために、東京卍會に挑むことに。


本作の撮影が始まったのは、2020年3月中旬のこと。本来であれば4月末にクランクアップ予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令により、撮影は一時中断。多忙なキャスト陣のスケジュールや厳しい撮影環境も相まって、宣言解除後も再度の撮影中断を余儀なくされた。
しかし、北村は「現場の熱量と我々役者陣の想いが強く、1年間誰もモチベーションが途切れることはなかった」と語る。作品に懸ける熱気と、気の置けない友人たちの集まりのようなラフさのバランスが心地よい、本作の撮影現場の様子をお届けしたい。

■「見てもらったらわかる通り、やれることはやりつくしました」(山田)
MOVIE WALKER PRESS編集部が潜入したのは、撮影が始まった日から数えると、実に306日目の真冬の撮影現場。この日は、10年前にタイムリープしたタケミチが、東京卍會総長マイキー(吉沢亮)、副総長ドラケン(山田裕貴)と初めて出会うシーンの撮影だった。喧嘩の腕が立つキヨマサ(鈴木伸之)が仕切る喧嘩賭博で、未来を変えるべく、ボロボロになってもキヨマサに立ち向かっていくタケミチの前に、2人が登場する。

都内某所、川沿いに面した大階段のある広場には、「いかにも」な不良軍団たちが集結し、異様な雰囲気が漂っていた。20〜30名にも及ぶ学生服の集団は、金髪、赤髪、リーゼントとお手本のような不良コーディネートに、強面ぞろい。しかし、スピーカーで指示を飛ばす英監督の誘導に従って、素直に整列していく姿は、なんだかかわいらしくも見えた。
現場に到着した直後、遠くからでも鈴木演じるキヨマサの迫力は、圧倒的だった。本人も特にこだわったというリーゼントヘアがあまりにはまっている鈴木。その前には、ギョッとするほどリアルな“傷だらけメイク”を施された北村が立ち並ぶ。

本作は、原作ファンも納得の、キャラクターの再現度の高さが話題となっている。原作のタケミチに合わせて地毛を金髪に染めたという北村は、「原作の髪型にできるだけ寄せられるように、リーゼントが作りやすいカットにしました」というこだわりぶりだ。キャスト陣もお互いがお互いを「ハマり役」と評し、吉沢も、タケミチの親友アッくんを演じた磯村勇斗も、北村を「原作のまんま」と絶賛している。そんななかでも、まさしく漫画から飛び出してきたと言っていいほどのビジュアルを作り上げたのは、山田演じるドラケンだ。

ドラケンと言えば、辮髪スタイルに側頭部のドラゴンのタトゥーがシンボルのキャラクターだ。驚くべきは、山田は地毛でこの特徴的すぎるビジュアルを完全再現したということ。「見てもらったらわかる通り、やれることは全部やりつくしました」と語る山田は、もともと原作ファンだったそう。「原作のビジュアルに近づけるために、身長も15cm上げて、アクション中もブーツの中にソールを入れて、ほぼ爪先立ち」だったという。「ドラケンは好きな方々が多いので、タトゥーと金髪は必ずやろうと思っていました」と、原作への限りないリスペクトがうかがえる徹底ぶりだった。


■「武道が匠海なら、マイキーが亮くんならやろうって」(北村)
喧嘩賭博に集結した軍団が階段に花道を作り、その間を威風堂々と下りてくる山田の後ろで、どら焼きを頬張りながらのほほんとついていく吉沢。東京卍會の創設者にして、絶対的リーダーであるマイキーは、原作ファンの間でも人気の高いキャラクターだ。無邪気で、幼い子どものような外見とは裏腹に、圧倒的なカリスマ性と強さを持つ。「原作のマイキーのキャラクター性が、実写になった時に、あまりにマンガ的な表現にならないように落とし所を探りながら演じました」と語る吉沢は、出演オファーが来た時、偶然にも北村と別の作品で共演中だった。そして「武道が匠海なら、マイキーが亮くんならやろう」というスタートを切ったそうだ。
マイキーの代名詞は、人間離れした華麗な足技。現場で見られたのはリハーサル風景のみだったが、自ら「シュバー!ドカー!」と効果音をつけながら軽い身のこなしで側転しつつ、キヨマサに一撃を食らわす吉沢の姿に、どんなアクションシーンに仕上がっているのか期待が高まる。

撮影現場では、作品をよりブラッシュアップしていこうと、英監督、キャストの間で積極的な意見交換が行われる場面が多く見られた。テスト中、動きと台詞の段取りを確認しながら「台本よりも、いまの間のほうがよかったよね?」という山田に、「うん、全然成立すると思う」と答える吉沢。
原作ファンにとって、東京卍會をゼロから築いたマイキーとドラケンの絆を除いては、本作の魅力を語れない。山田は「ほとんどのキャストのことを知っていたのがやりやすかったです。なにより、マイキーが亮(吉沢)であったことが一番、安心できました」と吉沢への信頼感を語っている。また、吉沢はドラケンの配役について、「俺の信頼している人が相方(ドラケン)がいい」と言っていたそう。山田は「それがなによりうれしかった」と語り、マイキー、ドラケンの最強コンビの空気感は、吉沢と山田の演技を超えた信頼関係のうえで確実に作り上げられていた。

■「プライベートでも絆を深めていきました」(磯村)
同世代の俳優が一堂に会した現場は、見た目はワル集団の集まりにしか見えないものの、かなり和気あいあいとした雰囲気だった。例えば、キヨマサを威嚇するため、ドラケンがキヨマサの頭上でバットを力いっぱい振り抜くシーン。一触触発の雰囲気のなか、リハーサルでは、やられた側の鈴木は、「超こわー!マイキーに蹴られる前に死んじゃう!」とどこか楽しそう。山田も「いやー、いまのは結構いいラインだったね」とご満悦で、北村や吉沢も笑顔でその様子を見守っていたが、真横から見るとバットは鈴木の頭上ぎりぎりをかすめており、見学していた記者の立場からするとかなりハラハラした。

仲の良さは、タケミチが幼い時からの親友グループで、いわゆる「溝高」メンバー(原作では中学生の設定)と呼ばれる4人組の様子からも見て取れた。磯村演じるタケミチの親友アッくんを始め、数百名のオーディションから選ばれたというタクヤ役の田川隼嗣、山岸役の藤堂日向、マコト役の髙橋里恩は、撮影の合間も、高校の休み時間のような雰囲気を醸し出していた。真冬で水辺ということもあり、かなり冷え込む現場だったが、カメラが回るとキャスト陣はコートを脱ぎ、半袖の制服姿にならなければならない。その姿のままセッティングを待つ間、お互いの腕をさすって楽しそうに暖を取り合う場面も。
磯村は、溝高メンバーとのチームワークをかなり重要視しており、「北村くん演じる武道との距離をどれだけ縮められるか、溝高メンバーと呼吸を合わせられるかを意識して演じていました」と語る。「プライベートでも集まったりして、絆を深めていきました」とのことで、その成果は確実に表れていると感じられた。

■「キャスト、スタッフ全員の気持ちが一丸になっていた」(鈴木)
原作は、いわゆる不良漫画とは一線を画し、タイムリープというSF要素、タケミチの成長物語というドラマ性にアクションなど、様々な要素が詰め込まれている。山田は原作の魅力について、「登場人物たちのかっこよさだと思います。掘り下げれば掘り下げる程、登場人物のバックボーンが見えてくる」。そして何より、「生きていくうえで大切なことをタケミチが教えてくれます。絶対に諦めないことを」と語ってくれた。
そんな作品自体の魅力に加えて、日本映画界の第一線で活躍する若手俳優たちの、奇跡のようなキャスティングの実現。磯村は、「それぞれがいろいろな形で俳優というフィルターを通し闘ってきて集結した感じが、アベンジャーズのようにも見えました」と言い、作品力とこれ以上ないキャスティングが合わさることで、携わる誰もが本作に確実な手ごたえを感じたようだ。

「僕らの世代全体としての代表作を作ろうと。『東京リベンジャーズ』は、その想いが込められる作品だと感じた」と北村も語るように、キャスト陣、スタッフ陣が皆同じ方向を向き臨んだという本作。その熱量があったからこそ、度重なる撮影中断に見舞われながらも、誰一人完成をあきらめることはなかったという。半年以上も撮影期間が空いてしまうこともあったが、鈴木が「『完成させたい』、『公開日を必ず迎えたい』というキャスト、スタッフ全員の気持ちが一丸になっていた」と語る通り、チームのモチベーションは途切れることはなかった。

並々なら熱意で、日本映画界の未来を担う俳優たちが結集して放つ、『東京リベンジャーズ』の完成が待ち遠しい!

文/編集部