『TAP -THE LAST SHOW-』(17)、『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)とオリジナル映画を作り続ける水谷豊の監督第3弾『太陽とボレロ』の製作が決定。あわせて世界的指揮者である西本智実がスタッフとして参加することもわかった。

本作は、オーケストラが彩る洒脱な人間ドラマ。ある地方都市の市民交響楽団を舞台に、“音楽を愛する人々”と“音楽の素晴らしさ”を描く。脚本制作の段階から、本物のオーケストラの魅力を映画に取り込みたいと考えていた水谷監督とバチカン国際音楽祭に2013年以来、毎年招聘されているイルミナートフィルハーモニーオーケストラの創設者である西本。2人は西本のコンサートで出会い、作品のテーマと監督の想いに共鳴した西本が劇中で奏でられる「ボレロ」の指揮演奏を快諾したという。さらに西本は本作で自身初となる映画音楽監督も務め、イルミナートフィルハーモニーオーケストラが演奏に参加することも決定している。

水谷監督は「運命のように出会えて、お仕事をご一緒できることに、いま、とてもうれしく興奮しています」とコメント。西本も「このようなリクエストをいただき、人生には思いがけない不思議なご縁というものがあるんだなとつくづく思います」と語っている。

2021年5月〜6月に長野と都内でロケを実施予定。事前のPCR検査を徹底するなど現場内での新型コロナウィルス感染症対策を万全を期すとのこと。公開は2022年を予定している。2人のプロフェッショナルの出会いから生まれる“本格オーケストラ映画”を劇場で堪能したい。

<スタッフコメント>

●水谷豊(監督)

「西本さんと出会ったことにより、より深いクラシックの世界の人間ドラマを描くことができたと思います。そして、話をしていくなかで、映画音楽の指揮演奏に加え、なんと音楽監督も引き受けていただけることになりました。運命のように出会えて、お仕事をご一緒できることに、いま、とてもうれしく興奮しています。ヨーロッパなど多くの国々ではクラシックを生活の一部のように楽しんでいます。この映画も西本さんとともに『クラシックを楽しめる映画』にしたいと思っています」

●西本智実(劇中音楽指揮・映画音楽監督)

「『熱中時代』の北野広大先生は、実際私自身の人生に影響を与えてくださった先生でもありました。このようなリクエストをいただき、人生には思いがけない不思議なご縁というものがあるんだなとつくづく思います。劇中の楽曲は、映画のタイトルである『太陽とボレロ』から、同じリズムで貫く強い繋がりをラヴェル作曲『ボレロ』で、その他は背景のディテールと共通する楽曲を幾つか提案し、話し合いのなか、クラシック作品を選曲しました。これから作曲していく音楽もありますので、水谷さんの世界に耳を澄ませていきたいと思います」

文/足立美由紀