世界中で愛され続ける人気バンド“クイーン”のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』(18)。昨日「金曜ロードショー」での地上波初放送が発表された同作の“特別編集バージョン”が、BS日テレの「日曜ロードショー」にて6月6日(日)に世界初放送されることがわかった。

伝説的ロックスターの波乱に富んだ生き様をラミ・マレックの主演で描いた本作だが、BS日テレではBlu-ray特典としてライブ映像をプラスした“ライブ・エイド完全版”を放送。劇場版はクイーンがイベントで披露した6曲のうちの4曲のパフォーマンスが映し出されたが、今回はカットされた2曲「We Will Rock You」「Crazy Little Thing Called Love」の熱狂シーンを楽しむことができる。

さらに、BS日テレでは『ボヘミアン・ラプソディ』グッズが当たるプレゼントキャンペーンも実施予定。詳細は「日曜ロードショー」番組サイトにて後日発表となるので、そちらもチェックしよう。

史上最高のエンターテイナーであるフレディ、そしてクイーンメンバーの想いが込められた最後のパフォーマンスシーンは必見。第91回アカデミー賞にてマレックの主演男優賞を含む最多4部門を獲得した話題作の完全版に、思う存分感動しよう。

文/タナカシノブ