深田恭子が主演する『劇場版 ルパンの娘』の公開日が10月15日(金)に決定し、本編映像初公開となるスタイリッシュな超特報映像とティザービジュアルが解禁となった。

代々続く泥棒一家 “L の一族”の娘、三雲華(深田)と、代々続く警察一家の息子である桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた「ルパンの娘」は、2019年にテレビドラマ1作目、翌2020年に2作目が放送された人気シリーズ。1作目では深田、瀬戸をはじめとするキャスト陣の好演、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションや独特なポージング、さらにミュージカル演出が話題となり、放送期間中は毎回Twitterで関連ワードが世界トレンド入りする盛り上がりを見せた。続く2作目には代々続く名探偵一家、北条家の娘の美雲(橋本環奈)が参戦。振り切った演出や大胆なパロディは進化を遂げた。そんな人気シリーズ、待望の続編にして最終章がスクリーンにお目見えする。

解禁された特報に映るのは、“Lの一族”史上最大にして最後のお宝を狙い海外へ向かう泥棒一家の姿。早速絶体絶命のピンチに陥る和馬や、驚く美雲、華麗に変装を解く悦子(小沢真珠)や新兵器のようなものを操る渉(栗原類)、さらに苦しむマツ(どんぐり)や不適な笑みを浮かべる尊(渡部篤郎)たち。そして最後に映し出される華の涙。「私は本当に泥棒一家の娘…?」という衝撃な言葉が意味するものとは?今後の続報に期待したい。

ティザービジュアルには、泥棒スーツ姿の美しい華がライトに照らされ、大きく目を見開く姿が。こちらにも「私は本当に泥棒一家の娘…?」のコピーが添えられ、L の一族の秘密に迫る一枚に仕上がっている。また、解禁となったもう1枚の写真では、泥棒一家の三雲家が勢揃いし左手を掲げる姿が確認できる。その先には、本作の舞台ディーベンブルク王国の全景も。マツの隣で“青の泥棒スーツ”をまとう者は何者なのか?

シリーズ初となる海外を舞台に、三雲家、桜庭家、北条家、そして円城寺(大貫勇輔)という「ルパンの娘」オールスターが集結し、王家の秘宝とLの一族の秘密に迫る劇場版の壮大な世界観が伝わるビジュアルとなっている。

ついに最終章が描かれる人気シリーズ「ルパンの娘」。最後のお宝を狙うL の一族の姿を大きなスクリーンでしっかりと目に焼き付けたい。

文/タナカシノブ