昨年の夏から複数回にわたって公開が延期となっていた『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の新たな公開日が決定。本作の主人公であるハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)率いる反地球連邦政府運動マフティーからマスコミ各社に届けられた声明として、映画館を拠点に6月11日(金)から<活動開始>することが発表となった。

本作の舞台は第二次ネオ・ジオン戦争から12年後のU.C.0105。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」が行われていた。そんな連邦政府に対し、高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始した反地球連邦政府運動マフティー。そのリーダーでブライト・ノアの息子ハサウェイは、アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするが、連邦軍大佐のケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく…。

今回の公開日決定に合わせ、数量限定の「劇場限定版Blu-ray」と「劇場先行通常盤Blu-ray」も6月11日から公開劇場にて販売されることが決定(作品鑑賞者のみ対象の販売)。「劇場限定版Blu-ray」にはハサウェイ役の佐々木望による原作小説上巻の朗読CDのほか、本作の各イベントの模様を収録した特典ディスクや、特製ブックレットなど豪華特典が盛りだくさん。
また、同じく公開日延期にともなって発売日の変更が案内されていたイベント限定ガンプラ「HG 1/144 ペーネロペー[クリアカラー]初回生産限定パッケージ」も、6月11日にガンダムベース東京・福岡、ガンダムベースサテライト(名古屋・京都・横浜)と公開劇場で販売される。

是非とも劇場のスクリーンで迫力満点の映像を体験し、Blu-rayで重厚な物語を繰り返し味わってほしい。『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は6月11日より公開。