公開中の映画『女たち』が、大勢の著名人から「今年注目の一本!」と激賞されている。異例のロングランを記録した『ミセス・ノイズィ』(20)で注目を浴びた女優の篠原ゆき子が主演を務め、倉科カナ、高畑淳子、サヘル・ローズら実力派女優陣が、先行き不透明なコロナ禍の日本で生きる“女たち”のありようを赤裸々に映しだしている。

自然豊かな山あいの田舎町で、40歳を目前にした美咲は母の介護をしながら、地域の学童保育所で働いている。。東京の大学を卒業したものの希望する職に就くことができず、恋愛も結婚もうまくいかない独身女性。母の美津子は毎日罵詈雑言を浴びせ、美咲を否定し続ける。そんな生活から逃げだしたくても逃げだせない美咲にとって、唯一心のよりどころは親友である香織だった。しかし、ある日突然、香織が命を絶ってしまう。

長年にわたる母との確執や親友との死別、そして生きづらさ。描かれるテーマは実に内省的にもかかわらず、鑑賞後に心に残るのは、解放感と爽やかさ。ウェットになりがちな題材のピントを“バトル・オブ・女たち”とばかりに、女たちの激しくも静かな暗闘に絞り、その抑圧された感情の発露を画に炙り出してみせた。確信犯的にそこにピントを絞り着火したのは、製作総指揮としてタクトを振るったレジェンダリープロデューサーの奥山和由だ。

■北野武など異分野の才を参入させる、“邦画界の風雲児”

日本でプロデューサーと呼ばれる人は多数いるが、“レジェンダリー”との枕詞が付く現役映画人は彼くらいのものだろう。奥山なくして映画監督・北野武の誕生はなく、忠犬ハチ公の物語がハリウッドに渡ることもなかった。20代からプロデューサーという仕事を生業にし、津山三十人殺しを材にした驚愕のバイオレンス映画『丑三つの村』(83)を世に送りだす一方で、興収50億円を叩き出した『ハチ公物語』(87)を特大ヒットに導くなど、斜陽にあえぐ1980年代の邦画界で異能のヒットメーカーとして手腕を振るった。

1980年代の終わりには『その男、凶暴につき』(89)で映画監督・北野武をデビューさせ、その後も『3−4x10月』(90)、『あの夏、いちばん静かな海。』(91)、『ソナチネ』(93)でタッグ。世界のキタノの原点を作り、キタノブルーを世に知らしめる礎を築いたのは日本のみならず、世界の映画史においても重要な偉業といえる。

いまでこそ異分野の才を映画界に参入させるのは珍しい事ではなくなったが、封建的だった当時の日本映画界の思考回路では異例中の異例だった。その垣根を取っ払うことを奥山は積極的におこなった。北野のみならず、作家の村上龍、音楽プロデューサーの秋元康、俳優の竹中直人、歌舞伎俳優の坂東玉三郎、漫画家の石井隆にも積極的にメガフォンを握らせ、既存の邦画にはない化学反応をいくつも起こしてみせた。

なかでも佐藤浩市、本木雅弘、竹中直人ら出演の石井隆監督作『GONIN』(95)は国内外にコアなファンを生み、スティーヴン・ソダーバーグ監督による『オーシャンズ11』(01)にも大きな影響を与えたとされる。また奥山自身も江戸川乱歩の世界観を映像化した『RAMPO』(94)で映画監督デビュー。製作までの紆余曲折も話題となりスマッシュヒットを記録。奥山には映画界の風雲児というイメージが定着した。

■新鋭から名匠まで信頼する映画界の革命児

異能と手を組む一方で、藤田敏八、神代辰巳、深作欣二、五社英雄、今村昌平ら名だたる名匠とも映画作りを共にし、『うなぎ』(97)では今村監督に2度目となるカンヌ国際映画祭のパルムドールをもたらした。同作は若手発掘および海外進出を目的として奥山が立ち上げたプロジェクト「シネマジャパネスク」から生まれた名作で、このプロジェクトでは若き時代の阪本順治、黒澤清、行定勲、原田眞人ら現在の日本映画界を牽引する面々もしのぎを削った。

2000年代突入後も奥山は映画作りに邁進。藤井道人、深田晃司、武正晴ら新進気鋭組を羽ばたかせ、表現の場を与えている。同時にベテランの中島貞夫や大林宣彦、伊藤俊也ともアグレッシブな作品で徒党。大林監督の遺作となった『海辺の映画館−キネマの玉手箱』(20)は国内で数多くの映画賞を受賞した。俳優からの信頼も厚く、樹木希林は自身初の企画作『エリカ38』(19)を奥山に託し、桃井かおりも奥山のもとで『火 Hee』(16)を監督。旧知の仲であるハリウッド俳優ロバート・デ・ニーロも一目置く、キャリアも軌跡もまさしくレジェンダリーなプロデューサーなのだ。

■奥山印が鮮明に刻印される新作『女たち』

新作『女たち』は、そんな奥山が母体とするチームオクヤマ結成25周年記念作にして、『GONIN2』(96)以来およそ25年ぶりに奥山が女性たちの物語を中心に置いた意欲作。非アクション映画にもかかわらず、画面に映る女たちの感情の躍動は実にアクション映画的。髪を40センチもカットし撮影に臨んだ倉科カナが土砂降りの夜の雨の中で狂死へと向かうシーンは『GONIN』を彷彿とさせる。共依存関係がもたらす篠原ゆき子と高畑淳子親子の愛憎劇は限界ギリギリの熱演も相まって、激しくも哀しい人間ドラマとして胸に迫る。クライマックスに用意される篠原VS高畑の衝突には奥山自身も「二大怪獣大決戦!」と並々ならぬ思い入れがある。

撮影が敢行されたのは、2020年7月のコロナ禍真っただなかで、公開も奇しくもコロナ禍只中。これまで奥山が手掛けてきた映画作品には数々の「まさか!?」があったが、『女たち』にもそれは当てはまりそうだ。まさか映画のなかの世界が現実世といまだ地続きになっているとは、撮影当時誰も思いもしなかったことだろう。その意味では、本作には奥山印が鮮明に刻印されている。主演の篠原曰く、奥山は「波乱を呼ぶ男」。映画界の革命児が関わる作品だけに、これから先も『女たち』の存在感をさらに高める「まさか!?」な波乱がありそうだ。

文/石井隼人